2015年04月02日11時45分

「ツイッター、フェイスブックより優れてる」川上量生代表 Catch The Moment

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
kawango

「世間で思っているツイッターのイメージと実際はかなり乖離がある」

 KADOKAWA・DWANGO代表取締役の川上量生会長はそう話す。4月1日、角川アスキー総合研究所が開発した、ツイッターからエンターテインメントコンテンツの人気を分析できるサービス『キャッチ・ザ・モーメント』(Catch The Moment)発表会での一言だ。

「ツイッターはフェイスブックよりネットのコミュニティーアーキテクチャーとして優れている、次世代の仕組みだ。(日本では)フェイスブックの方があとから紹介されたので新しいイメージを持たれた人もいると思うが、アーキテクチャーとしてはツイッターのほうが先進的だ」

 具体的には、ツイッターのほうが「精神的」に優れているという。

「ネットを使うのは『ツールとして使う』『住みかにする』という2種類がある」と川上会長。

 フェイスブックやLINEはリアルを生きている人間がネットを「ツール」として使うときに最適なサービス設計になっているが、一方のツイッターはネットを新しい生活空間(住みか)にするため最適な設計になっているというのだ。

「ミクシィもそうだが、人間付き合いの『面倒くさいレベル』を100倍くらいに加速してしまう。なので『ミクシィ疲れ』や『フェイスブック疲れ』『LINE疲れ』が出る。リアルをエンハンスするツールはかならず疲れるもの。ネットを長く使うユーザーほどコミュニケーションストレスが低いサービスに流れる。ツイッターは精神的に優れたアーキテクチャーだ」

 川上会長は映画『天空の城ラピュタ』テレビ放映時にツイッターで起きる『バルス祭り』などにふれ、日本とツイッターはもともとコミュニティーとして相性がいい側面もあるのだと話す。

「高校デビューや大学デビューという言葉があるが、日本ではあるコミュニティーに属するとき『キャラチェンジ』をする瞬間がある。それがツイッターでは可能だ。キャラチェンジができるコミュニティーとして、世界よりも日本で支持されている」

 日本人の性質に合ったツイッターは現在、もっとも「ネットの実態」に近いツールだと川上会長。実際、ドワンゴで新サービスを出すときはツイッターを重要な評価軸にしているのだという。

 ドワンゴが注力しているイベントでもツイッターの分析は有効だと話す。

「たとえば『超会議』『電王戦』のようなイベントをするときは生放送とセットにしている。現地は電波状況が悪く、モチベーションとしても発信するどころではない。だが、リアルに数万人いるとき、ネットには十倍(の視聴者が)いて、(リアルの代わりに)情報を発信する。発信源になるのはツイッター。イベントが成功しているかどうかもツイッターを活用して(判断して)いる」

 ただし、ツイッターにもユーザー目線でみれば改善点はあるという。

「ツイッターはアーカイブ機能が弱い。超会議や電王戦などある程度のイベントをやると、1時間前のツイートが出てこない。新たなツイートが数百単位で出てきてしまう」

 ともあれ、マーケティングツールとしてのツイッターには期待していると川上会長。ネットでマーケティングをするならツイッターを基点にすべきと話すとともに、角川アスキー総研の『キャッチ・ザ・モーメント』の可能性を一緒に考えてほしいと観衆に呼びかけた。

写真:編集部

■関連サイト
CatchTheMoment

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!