2015年03月31日23時45分

米MSが4G LTE搭載、厚さ8.7ミリの新Surface 3を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 米国マイクロソフトは3月31日、新Surface 3を発表した。10.8インチ液晶(1920×1280ドット)を採用し、価格は499ドル(約5万9800円)から。CPUはAtom x7(開発コードネーム:Cherry Trail)を採用しており、OSはWindows RTではなく、64bit版のWindows 8.1がインストールされる。また、WiFi版と4G LTE版が用意される模様。

Surface3
ダークレッドのタイプカバーを付けたSurface 3。

 重さはSurfaceシリーズの中で最も軽い622グラム。バッテリーは最大10時間持続する。

Surface3
右がSurface Pro 3で、左が新Surface 3。

 キックスタンドは3段階のポジションでのみ調節が可能。マイクロUSB、USB3.0、ミニDiplayPortを備え、WiFiはIEEE802.11acに対応。800万画素のカメラはオートフォーカス機能が備わっている。Surface 3用のドッキングステーション(USB3.0×2、USB2.0×2、Gigabit LAN、ミニDisplayPort出力、セキュリティーロックスロット装備で199.99ドル/約2万3994円)も用意される。

Surface3
Surface3

 タイプカバーは5色、ペンは4色から選択できるようになった。別売りのSurfaceペンは4色で各50ドル(約6000円)、新タイプカバーは130ドル(約1万5616円)、

 また、1年ぶんの『Office 365 Personal』が利用できるとのこと。

Surface3

 発売は5月5日(火)。3月31日から米マイクロソフトストアなどで予約を開始し、4月3日から店頭での展示を始める。WiFi+4G LTE版の発売は6月26日(金)~。

 販売国はアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、アイルランド、イタリア、韓国、ルクセンブルグ、マレーシア、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、香港、台湾、タイ。

 日本発売は現時点では未定。

主なスペック
CPU Intel Atom x7-Z8700(1.6GHz、最大2.4GHz) 
液晶ディスプレー 10.8インチ(1920×1280ドット、アスペクト比3:2、10点マルチタッチ)
グラフィック Intel HD Graphics 4400
メモリー 2GB/4GB
ストレージ 64GB/128GB
通信機能 WiFi IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ 800万画素/350万画素カメラ(背面/前面)
外部端子 USB3.0、マイクロUSB(給電用)、ミニDisplayPort、マイクロSDカードリーダーほか
付属 Surface Pen
バッテリー 最大10時間(ウェブブラウズの場合)
サイズ/重量 267(W)×8.7(D)×187(H)mm/約622g
OS Windows 8.1
WiFi版の価格 499ドル(メモリー2GB/ストレージ64GB)、599ドル(メモリー4GB/ストレージ128GB)
※WiFi+4G LTE版の価格は未定

(2015年4月1日0時57分追記:スペックと価格を一部修正致しました。)

■関連サイト
Microsoft Surface

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp