2015年04月01日21時30分

気になる格安SIMの設定と実測速度を公開:フリモバ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
フリモバ

 格安SIMの使い勝手って気になりますよね。そんなわけでこの連載では、ここ最近話題になっているもしくは話題になった格安SIMのAPN設定や実測速度を紹介していきます。

 今回は、通話料が半額になる“通話料いきなり半額”のアプリを発表したfreetelの格安SIM『フリモバ』の速度と初期設定をチェックしていきます。

●フリモバ
  1GB 2GB 3GB 5GB 7GB
ネットし放題プラン 724円 950円 1382円 2138円 2678円
ネットし放題

電話プラス
1372円 1598円 1922円 2678円 3110円

●“フリモバ”の実測速度を確認
※計測の端末はXperia Z1 SO-01Fを、計測アプリは『RBB TODAY SPEED TEST』を利用。東京・飯田橋の週アス編集部で計測しました。

フリモバ
  3月28日(土)
12時20分前後
3月28日(土)
22時50分前後
3月30日(月)
12時15分前後
3月30日(月)
22時前後
下り 1.09Mbps 1.21Mbps 1.01Mbps 1.15Mbps
上り 3.45Mbps 5.89Mbps 12.49Mbps 13.83Mbps

 平日、土日の昼ごろと夜の回線が込み合うピークタイムで計測。下りは少し厳しいかなといった感じですが、上りは安定して使えました。

●iPhoneで“フリモバ”を使えるようにする手順

フリモバ

 freetelのブログの通信設定紹介から、構成プロファイルをダウンロード。または、“freetel iPhone”とSafariで検索。

フリモバ

 インストールすれば準備完了。

ぷららモバイル

 モバイルデータ通信とLTE回線を使用の項目にチェックしてしばらく待つと、LTEで通信できるようになります。

●Androidで“フリモバ”を使う手順

設定に必要なデータ
APN umobile.jp
ユーザー名 umobile@umobile.jp
パスワード umobile
認証タイプ PAPまたはCHAP

 フリモバは、U-NEXTが提供している格安SIM“U-mobile”の回線を借りて提供しているので、APNの設定はU-mobileと同じです。

ぷららモバイル

 “設定”を開いて“その他のネットワーク”から“モバイルネットワーク”をタップ。

ぷららモバイル

 次に“アクセスポイント”をタップして、右上のメニュー表示から新しいAPNを選択。

フリモバ

 名前を会社名や契約したプラン名など判別のつく内容にして、APNには“umobile.jp”を入力。ユーザー名に“umobile@umobile.jp‟、パスワードに“umobile”を入力します。

ぷららモバイル

 下のほうへスクロールすると現れる認証タイプから“PAPまたはCHAP”を選択。

ぷららモバイル

 モバイルデータ通信にチェックが入っているかを確認。また、ネットワークモードはLTEと3Gが含まれているものを選択(機種によっては3GがWCDMAになっていることもあります)。

(2015年4月8日15時45分追記)認証タイプの表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

●関連サイト
freetel

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp