2015年03月31日21時30分

パナソニックが全自動録画DIGAを発売!東芝のレグザサーバーのライバル登場だ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 パナソニックは3月31日、地デジ/BS/110度CSを最大で10チャンネル、21日間、全自動で録画できるHDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー『全自動DIGA』シリーズを発表した。

diga

『全自動DIGA』シリーズは3機種をラインアップ。最大10チャンネルの自動録画ができる『DMR-BRX6000』のほか、6チャンネル自動録画対応の『DMR-BRX4000』と『DMR-BRX2000』を用意し、5月22日より発売予定だ。

 全自動ディーガでは、最初にチャンネルを指定しておくだけで録画予約の手間なく、全時間帯の放送を録画可能。録画予約のし忘れや放送時間帯の変更などによる録画ミスもない。また、一定期間を過ぎれば自動で番組が新しく更新されるため、消去の手間もHDDの残り容量の心配も不要というわけだ。

 

全自動DIGAのラインアップ

diga_lineup

DMR-BRX6000(予想実売価格 22万5000円前後)
 HDD容量:6TB
 チューナー数:地上デジタル 11チャンネル、BS/110度CS 6チャンネル
 全自動録画チャンネル数:最大10チャンネル

DMR-BRX4000(予想実売価格 17万円前後)
 HDD容量:4TB
 チューナー数:地上デジタル 7チャンネル、BS/110度CS 6チャンネル
 全自動録画チャンネル数:最大6チャンネル

DMR-BRX2000(予想実売価格 11万円前後)
 HDD容量:2TB
 チューナー数:地上デジタル 7チャンネル、BS/110度CS 6チャンネル
 全自動録画チャンネル数:最大6チャンネル

 

 同種の全自動HDDレコーダーには東芝の『レグザサーバー』があるが、同シリーズの最大全自動録画チャンネル数は9チャンネル(録画可能な最大日数15日間)。全自動DIGAはその上をいくスペックで、ライバル製品に挑む。

●関連サイト
パナソニック DIGA

週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp