2015年03月29日10時00分

水道代めちゃ安くなる がっちりマンデーで話題の節水ノズル DG TAKANO『バブル90』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
001

 手洗い場や厨房の蛇口にとりつけるだけで、水の使用量を通常の5%まで減らせる。そんな魔法のようなノズルがある。

 大阪生まれのスタートアップ、DG TAKANOが売っている『バブル90』だ。TBSの生活情報バラエティ番組「がっちりマンデー!!」で放映、これはすごいと注目を集めた。

 業務用で、価格はオープン。バブル90を使ったところ、あるラーメン屋チェーンでは水道代が年間120万円が66万円、同じくある部品組立工場では年間200万円が130万円に下がったというから驚きだ。今後はシステムキッチンで使える家庭用も開発する予定とのこと。

012

 ウォシュレットなどで使われる、水泡(バブル)を含んだ水「脈動流」を水圧だけで生み出し、少ない量の水でも強力な洗浄力を得るしくみ。ただ水に空気を含ませるだけでなく、空気を振動させて水泡を作り出し、勢いよく吐き出す構造を独自技術で実現させた。

 蛇口のあらゆる規格に対応し、メンテナンスも不要。取り付けるだけで5~10年は使えるそうだ。

もっといいモノが作れる

 開発元DG TAKANOの高野雅彰代表は、東大阪市の金属加工工場の3代目で開発者だ。

 あるとき工場に節水製品を持ち込まれ「これと同じものを作って欲しい」と言われた高野代表。「いいですよ」と二つ返事で引き受けたが、その市場価格を聞いて驚いた。

「この程度の製品がそんな高価に売られているなんて」

 うちで作るなら、もっといいモノが作れる。そんな思いからバブル90の開発を開始した。

 「良いものを適正価格で」という思いから計17回もの試作をくりかえし、2008年の開発開始から1年ごしで現在の形を完成させた。

節水の魔法で世界の問題を解決する

「目標は世界を『節水する』ことだ」

 高野代表はそう語る。見据えているのは水ビジネスだ。

「地球は水の星と言われるが、98%は海水だ。水不足が深刻化する中、農業用水は使える水の70%を使っている。世界で必要な食料が倍増すると言われる中、使える水を増やさなければならないと、水メジャーがプラントやインフラを作っている」

 水ビジネスの市場規模は2025年までに世界110兆円規模にふくらむとされる試算もある。一方、水メジャーはフランス・イギリスが中心。そんな水メジャーに対抗できるだけの実力がバブル90にはあると高野代表は考えている。

「われわれに水のプラントは作れないが、バブル90はプラントを作るのと同等の力を持つ。1人の水の消費量が1日10リットルとすれば、70億人が1日700億リットルの水を節水できることになる」

 大阪の金属加工工場で生まれた小さなノズルが、魔法のような力で世界の問題を解決せんとしている。素直に言える。これはすごい。

■関連サイト
バブル90

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!