2015年03月24日17時00分

装備すると足の痛みがラクになる 驚異のウェアラブルデバイスQuell

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
quell

 装備すると痛みがやわらぐ、ゲームの世界を地で行くウェアラブルデバイスがあるのをご存じか。

 米国のスタートアップが開発中の『クエル』(Quell)だ。痛みを鎮めるという意味のデバイスで、足に巻いてスイッチを押すだけで、慢性的な足の痛みをやわらげる効果があるという。信じがたいが、すでに米FDA(米食品医薬品局)の認可を受けている。

 今年の米家電見本市(CES)でも披露されているもので、現在Indiegogoで予約受付中。入手のための出資額は199ドル(約2万3800円)から。出荷予定は今年6月。間もなくだ。

qwell
デバイスと電極がついたベルトを
qwell
ふくらはぎにくるっと巻いて
qwell
スイッチを押すだけで起動する

 クエルは鎮静剤のような薬物を一切使わない。経皮的末梢神経電気刺激(Transcutaneou Electrical Nerve Stimulation)という物理療法を応用した(開発元は「OptiTherapy」と呼んでいる)。

 ふくらはぎにバンドを巻いてスイッチを入れると、デバイスについた電極が末梢神経を刺激。刺激は神経を通じて脳に送られ、脳は痛みをやわらげる物質を出すよう体に指示を出す。

qwell
電極が神経に刺激を与える
qwell
信号が神経を通じて脳に達する
qwell
脳が体に痛みをやわらげるよう指示
qwell
脊椎から痛みをやわらげる物質が出る

 1回の治療は60分まで。利用者は開始15分以内に痛みが緩和されたと感じるそうだ。デバイスのサイズは幅176×奥行き63×高さ15mm、重量は82g。バッテリーは1回の充電で約40時間。

 日本からも「うんこが出る時間を予知する」デバイスが登場している。医療と健康用品の中間をいき、ライフログの活用を目指す発明こそ、ウェアラブルデバイスの本命なのかもしれない。

quell
デバイス本体
quell
装着用に薄く設計されている

■関連サイト
Quell

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking