2015年03月20日19時00分

鬼のような炎を吐くポータブル火炎放射器『XM42』開発中 あら便利ね~って怖いよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
101

 こいつで雑草もロブスターも焼きつくすぜええええええ!

 スタートアップがポータブルサイズの火炎放射器「XM42」を開発中だ。来週中にはクラウドファンディングのIndiegogoに登場する予定で、支援者価格は699ドル(約8万4000円)とのこと。

 炎の長さはノズルからおよそ6~7メートル。開発元は雪・氷を溶かしたり、雑草を焼いたり、たき火をつけたり、といった用途を想定している。その用途に鬼のような炎は本当に必要なのか。

101
火炎放射器『XM42』(予約価格 約8万4000円)
101
6~7メートルの炎が出る

 開発元は2008年に第一号となる試作機を完成させてから7年間、何度も作りなおしてブラッシュアップを重ねてきたそうだ。開発者は自動車のOEMメーカーで働いていた人々が集まっている。

 アメリカの場合、カリフォルニア州を除き、法律で所有が認められるそうだ。日本だと……どうなんだろう。いわゆる除草バーナーとして認めるには怖すぎる気がする。専門家に聞く必要がある。

101
火炎の放射口
101
起動キーがやたらかっこいい
101
構えた姿が完全に悪の組織なんですけど

 ちなみに冒頭は「カウボーイビバップ」第11話、主人公スパイクが火炎放射器で謎の生物を黒こげにするシーンを思い出したから。あのエピソード最高なので見てほしい。

■関連サイト
XM42

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!