2015年03月17日23時15分

任天堂ゲーム専用機“NX”の開発も発表 DeNAと提携しスマホゲームに進出

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 任天堂がついにスマホゲームへの進出を決定した。

任天堂DeNA業務提携

 3月17日に行なわれた記者会見で、任天堂とディー・エヌ・エーの業務・資本提携を発表した。

任天堂DeNA業務提携

 任天堂株式会社取締役社長 岩田聡(写真左)と、株式会社ディー・エヌ・エー代表取締役社長兼CEO 守安功(写真右)が登壇。

任天堂DeNA業務提携

 岩田社長は、これまで任天堂がなぜスマートデバイスへの進出について慎重だった理由を述べた。現在のスマホゲームは、コンテンツ価値がデフレ化し消耗しやすく、また、コンテンツの入れ替わりが激しく価値の維持が難しく、任天堂IP(知的財産)の価値を維持、発展させながらビジネスを展開するために、どのような条件が必要だったから考えていたとのこと。

任天堂DeNA業務提携

 そして、任天堂IPという強みと、ディー・エヌ・エーがもつウェブサービスの構築と運営のノウハウという強みをお互いの長所を生かしつつ、新事業に挑むことを決めた。ディー・エヌ・エー以外にも提携の依頼はいくつも来たようだが、“情熱”と“黒子に徹してもいい”という熱意を感じ取ったため、ディー・エヌ・エーとの提携を決めたという。

任天堂DeNA業務提携 任天堂DeNA業務提携
任天堂DeNA業務提携 任天堂DeNA業務提携
↑岩田取締役社長 ↑守安代表取締役社長兼CEO

 スマートデバイス向け任天堂IPのゲームアプリを両社で開発、運営する。ユーザー目標数は“億単位”の人に楽しんでもらうこと。

任天堂DeNA業務提携
任天堂DeNA業務提携

 そのために、活用する任天堂IPに例外をもたない。しかし、一度に大量のタイトルを出しても、ユーザーのゲームへのモチベーションなどが向上しないことで、任天堂IPだけでなく、ディー・エヌ・エーの企業価値が低下する恐れがあり提携した意味がなくなってしまうので、リリースするタイトルは厳選するとのこと。
 スマホゲームのリリースなどについては年内中に行なう予定。続報を期待したい。

任天堂DeNA業務提携

 また、ゲーム専用機向けのタイトルをそのまま移植することはしない。互いのプラットフォームごとにそれぞれの操作性などの違いがあるため、ユーザーの思いどおりに遊べない可能性があるためだ。スマートフォンなどの指でタッチするデバイスで動くゲームを、任天堂がどのような“手触り”に仕上げてくるのか楽しみだ。

任天堂DeNA業務提携

 岩田社長はスマホゲーム中心の発表のなか、ゲーム専用機ビジネスに対する情熱と展望をもっていることを強調した。さらに、全く新しいコンセプトのゲーム専用機プラットフォームを開発コード名“NX”として現在開発中という、嬉しいサプライズ発表が飛び出した。詳細は来年発表する予定だ。

任天堂DeNA業務提携

 この開発コード名“NX”を含めて、ディー・エヌ・エーと提携したことで、新たな会員制サービスを開発し・運営する。これは、今年1月に終了を発表した“クラブニンテンドー”の次のサービスになるようだ。

任天堂DeNA業務提携 任天堂DeNA業務提携

 決して、スマートデバイスにおけるゲームビジネスは甘くはない。だが、ウェブサービスのノウハウが充実したディー・エヌ・エーと、ほかのゲームと差別化が容易にできてしまうほどのIPのある任天堂が組めば勝算があると踏んでいる。

任天堂DeNA業務提携

 スマートデバイスへの進出は、テレビがまだ存在していない時代から、テレビゲーム業界へ参加したときと同じ気持ちになっているとのこと。ディー・エヌ・エーと出会ったことで、これまでのゲーム専用機とスマートデバイスの架け橋を架けていくようだ。

 質疑応答の中では、ゲームのマネタイズ方法についても触れられた。現在のスマホゲームは“ガチャ”という完成したマネタイズ方法に引きずられたタイトルが多いが、常に子供が遊ぶことを意識してきた任天堂だからこそできる、新たなビジネスモデルが生まれることにも期待したい。

 今回の記者会見はYouTubeで視聴できる。

(c) Nintendo
(c) DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.

■関連サイト
任天堂 公式サイト
ディー・エヌ・エー 公式サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking