2015年03月16日20時00分

粉末アルコール、今夏にアメリカで発売の可能性(動画)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
parcohol
これが粉末アルコール(らしい)

 話題の粉末アルコールが、今年の夏にもアメリカで発売される可能性だ。米ウォールストリートジャーナルなどが報じている。

 リップスマーク社が開発している「パルコール」(Palcohol)、パウダー・アルコール。これが米食品医薬品局(FDA)の審査を経て、タバコ税貿易管理局(TTB)が10日、認可したんだそうだ。

 粉末アルコールとはいかなるものか。同社のマーク・フィリップスさんによる動画を見るのが早い。

001
パックに入っている白い粉
001
こちらがウォッカ1杯と同じです
001
ここに約170グラムの水を入れまして
001
30秒ほどシェイクいたしますと
001
すでに普通のお酒になっていまして…
001
うん、すばらしい!
001
ライムやストローをさしていただいても
001
グラスに注いでもいいですね
001
コスモポリタン(カクテル)です!

 リップスマークが開発しているのは、ウォッカ、ラムの2種類と、コスモポリタン、マルガリータ風の「パウダリータ」、レモンドロップという3種類のカクテル。粉末ポカリスエットのようにお酒を持ち運べるのは確かに便利そうには聞こえる。

 ただ、「誰がこれを生みだしたのか?男の名前はマーク・フィリップスだ」と、なんだかやたらと熱い文章を公式サイトにつづっているフィリップスさんには申し訳ないんだけど、粉末酒というのは日本では別に珍しいものではない。

 佐藤食品工業という会社が、菓子にブランデーやワインの風味をつけたり、スープに料理酒・みりんの風味をつけたりといった用途ですでに開発しているのだ。酒の香気成分とアルコールを残して水分だけを取り除く方法は発表当時、世界中で話題となったという。

 まあ、佐藤食品の粉末アルコールは市販されているわけではないので、市販という意味では新しいのかもしれない。ところでリップスマークでは医療・工業・食品などへの応用も検討しているらしいけど、難しそうな技術開発はどこでどうやったんだろうか……。

画像:YouTube

■関連サイト
Palcohol
佐藤食品工業

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking