2015年03月05日08時30分

LGのガラスマが素晴らしいので格安SIM会社は今すぐLGに連絡を!:MWC 2015

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 MWC 2015のLGエレクトロニクスブースを見ていたら、フィーチャーフォンっぽい端末を2台発見。よく見るとアンドロイド搭載の“ガラスマ”でした!

20150304lggs
こちらは丸みを帯びたポップなデザインの『LG Ice Cream』
20150304lggs
もう1台はオトナ向けイメージの『LG Wine Smart』

 いっしょにブースを回っていた山根博士に「これは何ですかねぇ?」と気軽に聞いたら、「おいおいサトルは素人か!? Ice Creamっていうのはそもそもフィーチャーフォン時代にLGが大ヒットさせたモデルで……」と、LGケータイの歴史から語り始めました。正直めんどうなのでスルーして、別途ブース説明員に話を聞いてみると、韓国でもフィーチャーフォンユーザーの買い換え端末がないということで、こういったガラスマに注目が集まっているそうです。

20150304lggs
『LG Ice Cream』は、手に持ってみると意外と大きい。ただボタン類も大きいので操作しやすいです。

 ガラスマといっても、auから発売された『AQUOS K』ほどフィーチャーフォン的なカスタマイズはされておらず、ディスプレーもタッチパネルですし、Play Storeにも対応しています。

20150304lggs
タッチパネルですがキーパッドの方向ボタンでも操作できるため、どこにフォーカスされているかわかるようになっています。
20150304lggs
方向ボタンのほか、メールや『カカオトーク』専用のボタンを装備。

 試しにタッチパネルではなく、キー操作だけでいじってみましたが、かなり反応がいいです。もたつくこともないし、機能が山盛りだった2000年代後半のフィーチャーフォンよりもサクサク動きます。ボタン類も大きくて、ぱっと見どのボタンを押せばいいのかもわかりやすいため、フィーチャーフォンに慣れたシニア層でもサクッと移行できそうです。

20150304lggs
『LG Wine Smart』もボタン配列は同じ。『カカオトーク』専用ボタンがあります。
20150304lggs
折りたたんだ状態の『LG Ice Cream』と『LG Wine Smart』。

 残念ながら日本語ロケールが入っておらず、日本語入力アプリもないため、キーパッドからの日本語入力は試すことができませんでしたが、日本語入力さえしっかりしたアプリをインストールしておけば、日本でも人気がでるかも。

20150304lggs
ロケールは2機種とも英語と韓国語だけ。
20150304lggs
OSのバージョンはAndroid4.4.2でした。

 韓国向けの製品と言うことで『カカオトーク』ボタンでしたが、日本で売るならこれを『LINE』ボタンにすればかなりおもしろいのでは? 私の周りでも、フィーチャーフォンのデザインが好きなんだけど、LINEはやってみたいっていう人が結構いますので。

 日本で販売する端末を探している格安SIM会社は、今すぐLGエレクトロニクスと組んで、LINEへ交渉に行くことを強くオススメしたいですね!

■関連サイト
LGエレクトロニクス

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking