2015年03月02日20時30分

珍スポット"手動で動かす"自動販売機で買えるハンバーガー店へゴー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ネットで話題のサービスや事件、ツイートしている中の人を直撃する週アスの好評連載『中の人特捜部』──今回は、"手動で動かす"自動販売機を設置している珍スポットとしてネットで有名な『立石バーガー』(東京都葛飾区)を直撃!

1018-nakanohito
1018-nakanohito

営業中かどうかがとても怪しい店構え

 珍スポットとしてネットでもウワサの『立石バーガー』。さっそく現地で店の前に立つと、その店構えはかなり年季の入っているようす。営業中なのかどうかも疑いたくなるような外観だ。

 店内に入る前に、ネットでもウワサの販売機を確認。入り口横に“立石バーガー自動販売機?”と書かれており、すぐ上にコインの投入口がある。パッと見は、かなり怪しい。一抹の不安を感じながら、100円を投入してみると、少し間をおいて立石バーガーが取り出し口に落ちてくる。

 ちゃんと立石バーガーが出てきたことにちょっと感動(笑)。購入した立石バーガーを手に店内へ入ると、店長の濱野敏晴さんが厨房で調理の真っ最中だった。

 

今週の捜査対象

1018-nakanohito-profile

『立石バーガー』店長
濱野 敏晴さん

 浅草で約15年間、飲食店を経営していたが、16年前に現在の場所に移転。当初は定食店だったが「ハンバーガーなら世界中どこでも商売ができる」と言う理由でハンバーガー店にくら替えした。

 

名物、手動販売機をはじめユニークな『立石バーガー』

中の人が動かす"手動"販売機

1018-nakanohito

↑販売機に料金が投入されると、濱野さんが釣り糸を引っ張って販売機を操作。なお、釣り糸は店内に張り巡らせてあり、3ヵ所に分岐。そのどこからでも操作できる。

 

1018-nakanohito

↑販売機の裏側。釣り糸を引っ張ると棚が傾き、立石バーガーが落下する仕組み。1回ごとに補充する必要がある。

 

1018-nakanohito

↑お金を投入して、ちょっと待っていると立石バーガーが取り出し口に落下してくる。いまどき100円と超激安。

 

王道から変わり種まで全8種類

立石バーガー 100円

1018-nakanohito

↑バンズは下側がサクサクしており、牛肉のパテはジューシーかつ肉の食感も楽しめる。

 

●オニオン立石バーガー 100円

1018-nakanohito

↑アメ色になるまで炒めたオニオンのせバーガー。「100円レシピを考えるのは難しい」と濱野さん。

 

●ロイヤル立石バーガー 300円

1018-nakanohito

↑牛肉の量は3倍、トマト、レタス、オニオン、ベーコンも使用。大手にも劣らない味だ。

 

バンズに至るまで手づくりにこだわる

1018-nakanohito

↑「市販のものだと割高になるし、なによりおいしくないじゃないですか」とこだわりを見せる濱野さん。なんとバンズも手づくりだ。

 

1018-nakanohito

↑焼きあがったバンズ。手づくりだけに、カタチが1個1個、微妙に違う。ちょっと小ぶりなサイズだが、モチモチした食感でウマしい。

 

週刊アスキーで全部読めます!
2015年2月24日発売の週刊アスキー3/10-号(No.1018)では、ウワサの“手動販売機”を導入したワケと弱点、濱野さんのサービス精神、次なるアイデアとは?──などのエピソードを紹介しています。

●関連サイト
立石バーガー
 

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

 

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!