2015年02月26日15時00分

「そこはダメぇ」さわると声が出る抱き枕『痛すぽ』予約開始、動画がすごすぎてすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
gachi

 前略ディスプレイの前の紳士のみなさま、なでると声が出る抱き枕が開発中です。

 クラウドファンディングのMakuakeで1万8000円から予約できます。6月出荷予定。開発元ジョイアスの内村康一代表は九州工業大学の元研究員で、紹介動画がとても本気です。一刻も早くお見せしたいので説明を最後に回すことをお許しください。

gachi
痛すぽは新感覚の抱き枕デバイス。
gachi
メインキャラクターの「枕葉リナ」ちゃん。
gachi
開発者の内村康一さんいわく「夢の抱き枕」。
gachi
なでなきゃ声がでない。
gachi
なでなきゃ……
dakimakura
にゃんにゃん。
gachi
そこはダメぇ…!
gachi
嫁とのことです。
gachi
熱い思いを語る内村さん。
gachi
そしてクラウドファンディングを決意。
itaspo
九州工業大学出身で、
dakimakura
社長です。
dakimakura
優しくなでるのがポイント。
dakimakura
なでなでセンサーが付いています。
dakimakura
九州工業大学の研究成果です。
dakimakura
優しくなでつづけると優しい声。
dakimakura
乱暴にたたきつづけると怒られるそうです。

 はい。ありがとうございます。もろもろご理解いただけたと思いますがあらためて。

 痛すぽは触覚センサーを使った抱き枕内蔵型のデバイスです。なでると声が出ます。キャラはシンゴさんが描いた「枕葉リナ」ちゃん、くろのねむこさんが描いた「奈月詩穂」(なつきしほ)ちゃん、同じく神月しおん(かみつきしおん)ちゃんの3種類。

 スマートフォンとつなぎ、音声をダウンロードして入れ替えられるそうです。センサーをはずせば普通に洗濯可能、サイズが合えばほかの抱き枕カバーも使えるとのこと。

itaspo
痛すぽ(全景)。

 なで方の強弱によって「好感モード」「嫌悪モード」が変化します。好感モードは「ツン」「恋人」「ヨメ」、嫌悪モードは「贖罪」「悪意」「奴隷」の3段階に分かれるんだとか。奴隷て。

 サイズは幅500×奥行き500×高さ200mmの予定。単4電池3本で20時間は動くそうです。収録しているセリフの数は100通り。合計400通りのセリフがダウンロードできるとのこと。

itaspo
スマホで音声ライブラリーが選べる仕組み。
itaspo
なでかたによってご機嫌のモードが変わります。

 触覚センサー「なでなでセンサー」は、最初はごく普通に布のさわり心地を検出するセンサーだったようですが、無理やり抱きまくら用に魔改造したそうです。最初はワンチップマイコンのArduinoで試作機を作り、先生方の協力を得ながら本番用の回路・基板を完成させたんだとか。先生方ェ……。

itaspo
普通のセンサーを魔改造されたそうです。
itaspo
デバイス本体。医療機器っぽいです。

 もともと抱き枕の愛用者だったという内村さん。しかし抱いていると顔が見えず、いくら強く抱いても反応してくれないことに我慢ができず、つい開発してしまったというのがきっかけだったとか。去年12月にはプレゼンコンテストにも登壇していました

 またしてもあふれる愛から世界を震撼させるデバイスが登場してしまいました。日本の少子化に歯止めがかかりません。

itaspo
「枕葉リナ」ちゃん(シンゴさん)
itaspo
「奈月詩穂」ちゃん(くろのねむこさん)
itaspo
神月しおんさん(同)

写真:YouTube

■関連サイト
Makuake

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!