2015年02月24日12時15分

そろそろ最強かも?ATOK for iOSがATOK Syncや辞書取り込みに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさま、こんにちは。いまは週刊アスキーの吉田でございます。さて、ワタクシがリリース直後から愛用しているiOS用日本語キーボードである「ATOK for iOS」がまたまたアップデートしましたよ。今回のアップデートでは、ATOK Syncに対応したほか、iPhoneやiPadに登録したユーザー辞書や「連絡先」アプリのデータを取り込み可能になりました。

ATOK for iOS

 まずはアップデートです。「App Store」アプリを開いて「アップデート」を選ぶと、アップデート情報が表示されるはずです。最新バージョンは1.3.0ですよ!

ATOK for iOS

 アップデート後、ホーム画面に登録されている「ATOK」アプリを開くと、「ATOK Sync」などの項目が追加されていることがわかります。

ATOK for iOS

 さっそく設定していきましょう。ATOK Syncの場合、設定といっても「ATOK Syncを有効にする」をオンに切り替えて、すでにMacやWindowsマシンで利用しているATOK Sync用のメアドとパスワードを入力するだけです。

ATOK for iOS

 メアドの代わりにユーザーIDを入力してオッケーですよ。

ATOK for iOS

 あとは同期を待つだけ。

ATOK for iOS

 同期が完了すると、取り込まれた単語の数を教えてくれます。>をタップすれば、実際に取り込まれた単語を一覧できます。

ATOK for iOS

 では次に、iOSのユーザー辞書を取り込んでみましょう。ATOK設定アプリのトップ画面から、「単語登録・定型文登録」→「iOSユーザ辞書から登録」を選べばオッケーです。

ATOK for iOS

 画面が切り替わるので「登録をはじめる」をタップするだけ。

ATOK for iOS

 iOSのユーザー辞書というのは、iOS標準キーボード用に登録しているもので、「設定」アプリを開き、「一般」→「キーボード」→「ユーザ辞書」を選べば内容を確認できます。

ATOK for iOS

 同期作業が終了すると、ATOK Syncと同様に、取り込んだ単語数などを教えてくれます。

ATOK for iOS

 「連絡先」アプリからもデータを取り込めるので、難読字が入っている氏名の変換がラクになります。

ATOK for iOS

 こちらも「登録をはじめる」をタップすれば、自動的に読み込んでくれます。

ATOK for iOS

 取り込みに問題がある単語を指摘する機能もあります。半角カナでフリガナがふってあるデータはダメのようです。

 ATOK for iOSは、アップデートによってどんどん使いやすくなってきましたね。これまでPCの単語データを引き継げないという理由で導入をためらっていた人は、ぜひインストールしてみてください。

『ATOK for iOS』
バージョン:1.3.0
App Store価格:1500円
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)
(c)JUSTSYSTEMS CORPORATION

AppStore アプリをダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!