2015年02月22日11時00分

ガンホー・森下一喜氏に『情熱大陸』が密着1年!新ゲームの制作過程が明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 パズドラで有名な"ガンホー"のゲームクリエイターの白熱のドキュメンタリーが、テレビで公開!

 3月1日、夜11時から放送するMBS/TBS系ドキュメンタリー番組『情熱大陸』には、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下ガンホー)の取締役社長でありゲームクリエイターである森下一喜氏が登場。
 情熱大陸とガンホーの、なんと一年がかりの企画が完成。異例のドキュメンタリーが放送されます。

3月1日の放送でガンホー×情熱大陸が明らかに

情熱大陸

 情熱大陸とガンホーはコラボレーションし、異例にもオリジナルゲームを作成。それが完成し、ゲーム内容と制作過程を本放送で明らかに。

 森下氏が「(オリジナルゲームは)自分が納得いくまではリリースしない」という条件のもと、昨年3月にスタートした本企画。ゲームのコンセプトは 「情熱大陸の要素を盛り込みつつ、“文字”を使った遊べるもの」という方向性でスタート。パズドラ“を生んだガンホーの森下氏の指揮の下生まれたゲームとは!?

情熱大陸

 ドキュメンタリー番組とトップゲーム会社の異色のコラボとなる本放送。
 番組では、オリジナルゲームの制作過程と完成したゲームの内容を紹介、さらにゲームクリエイター森下氏に1年以上密着した取材内容を放送。趣味であるスキー部の活動、アメリカでの多忙な日々、ひたすらゲーム三昧なプライベートといったゲーム作成の裏側が見える内容になっています。時代をつくるヒットゲームが生まれる裏側とは? ゲーム好きならずとも必見です!

情熱大陸

ゲームクリエイター 森下一喜
1973年9月16日 新潟県生まれ。
ソフトウェア開発会社を経て、2002年にガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)として現事業を開始。「ラグナロクオンライン」を国内でプロデュース。代表取締役CEO兼企画開発部門統括エグゼクティブプロデューサーとして、ゲーム開発の製作総指揮をとる。2011年より「ケリ姫クエスト」等のスマートフォンゲームを開発。2012年には「パズル&ドラゴンズ」が大ヒット。誰よりも気遣いがあり、一方ではものすごく頑固な一面もあるガキ大将的存在。

<放送概要>
番組名:「情熱大陸」 MBS/TBS系全国ネット(毎週日曜よる11時~11時30分)
放送日時:2015年3月1日(日)午後11時~11時30分
製作著作:MBS  
制作協力:ジャンプコーポレーション
プロデューサー:福岡元啓(MBS)、芦田政和(ジャンプコーポレーション)

■関連サイト
情熱大陸

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!