2015年02月18日13時15分

FF、バイオ開発陣がつくった注目のゲームベンチャー“オリフラム”にコロプラが出資

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 コロプラは独立系ゲーム制作スタジオのオリフラムに出資を行ない、社外取締役1名を派遣すると発表した。出資額は非公開。

 オリフラムはスクウェア・エニックスでキングダムハーツ、ファイナルファンタジーシリーズでプログラマーを務めた池田隆児氏を代表に、コンソールゲームやスマートフォンゲームで実績をもつメンバーが集まり、2014年2月に設立された注目のゲームスタジオだ。

オリフラム

 現在、『カオスセンチュリオン』というリアルタイムストラデジーゲームを製作中で、海外を視野に北米市場から春から初夏にかけてリリースを目指している。国内リリースはその後となる。

オリフラム

 池田代表取締役によると今回の調達はおもにゲーム開発、開発ラインの拡充にあてられる。また気になる出資の影響だが、コロプラのブランド内で活動するなどはなく、今までどおり独立性は高いものという。

オリフラム

 コロプラ側からは「世界に通用するアプリを日本から出していこうというオリフラム社の意気込みに共感しました。そしてそれを実現しうる豊富なゲーム開発経験、ハイレベルな技術を持ち合わせている点を高く評価し、同社の今後の成長をサポートしていきたいと思いました」と回答を得られた。

(C) 2015 ORIFLAMME Inc.

■関連サイト
オリフラム

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking