2015年02月18日06時00分

『スマートフォン版 Windows 10』TP版をさっそく試してみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 マイクロソフトは1月21日、『Windows 10 テクニカルプレビュー版』の無償ダウンロードを提供しました。約3週間後となる2月13日からは、スマートフォン向けの『スマートフォン用 Windows 10 テクニカルプレビュー版』(以下、スマホ用 Windows 10 TP版)の提供を開始。さっそく手もちのLumiaに入れて試してみようと思います!

 最初のテクニカルプレビュー版で対象となる機種は、Lumia 630、Lumia 635、Lumia 636、Lumia 638、Lumia 730、Lumia 830の6モデル(ただし中国キャリア版は非対応)です。ハイエンド機のLumia 930や1320などは、追って対応となるようです。

Windows 10 for Phones_TP版
対象機種はLumia63X系と730、830。

「APNをニュース専門放送局のひとつだと思うのなら、Technical Preview をインストールしないことをお勧めします」といった記述があるように、公式サイトではテクニカルプレビューがまだ実用向きではないことを、ユーザーに強く説明しています。ひとつの例として、対象モデルの中にデュアルSIM対応端末も含まれているのですが、現時点ではデュアルSIMが非サポートになっているなど、使えない機能も多く残っていたりします。

Windows 10 for Phones_TP版
APNがわからない人が手を出すのは危険です。

 さて、肝心の新OSですが、Windows Insider Programに参加→対応機種で『Windows Insider』アプリをダウンロード→“Get preview builds”→“Insider Slow”か“Insider Fast”を選択、といったルートで入手します。なお、端末によっては、最初に『Windows Phone 8.1』へのアップデートが行われるので、その場合は、10数分程度待つことになります。

 Windows Phone 8.1のアップデートが終わったら、改めて『Windows Insider』を起動し、“Slow”か“Fast”のいずれかを選択しましょう。リブートがかかったら、いよいよスマホ用 Windows 10 TP版のインストールがはじまります。

Windows 10 for Phones_TP版
Windows Insiderアプリを落としてからインストール。
Windows 10 for Phones_TP版
というわけで、インストール完了。
Windows 10 for Phones_TP版
インストール後のバージョンはこちら。パッと見の変化はわからない?

 インストール後のLumia 636のホーム画面は、インストール前と比べても、大きな変化はないように思えます。スマホ用 Windows 10 TP版のホーム画面をWindows Phone8.1と並べてみましょう。

Windows 10 for Phones_TP版
Windows8.1(左)と比べるとWindows10(右)はアイコンがちょい変化。

 よく見ると電話や設定、カメラなどのスモールアイコンの大きさが若干大きくなっている程度の、わずかな変化です。

 そのほかの画面はどうでしょうか?
 画面の上から下にスワイプして出てくるアクションセンターでは、表示されるクイック・アクションの数が大きく増えました。

Windows 10 for Phones_TP版
クイック・アクションの数が8.1(左)より10(右)では多くなった。

 標準では同じ状態に見えるのですが、スマホ用 Windows 10 TP版では右側の“開く”をタップすると3段表示となり、GPSやインターネット共有のON/OFFもワンタッチで操作できます。

 最も大きな変化を感じたのは、設定画面です。

『スマートフォン版 Windows 10』TP版をさっそく試してみた!
設定画面は大きく変わった。

 Windows 8.1では大きい文字を使ったUIでしたが、Windows 10では細かい文字が並ぶ、他のOSのスマートフォンに類似した表示となりました。ただし、各設定項目を開くと、Windows Phone 8.1時代のフォントの大きい表示も残っています。

Windows 10 for Phones_TP版
サクッと返信に便利なSMS通知機能。

 アプリ一覧画面は、直前にインストールしたアプリが一番上に表示され、わかりやすくなりました。

Windows 10 for Phones_TP版
新規追加アプリは上に表示、アプリUIも変更。

 今まではアプリを入れても50音/アルファベット順に並ぶアプリ一覧の中に入ってしまったので、どのアプリを入れたかわかりにくかったのです。そして標準アプリの一部はこちらもUIが変更になりました。ただし、まだ一部の機能は使えないものもありますし、UIが混在している場所も。

Windows 10 for Phones_TP版
まだまだ旧UIと新UIが混在する。

 このあたりはテクニカルプレビュー版であることを実感させられます。

Windows 10 for Phones_TP版
UIの混在や、まだ使えない機能も。

 プリインストールされているLINEなど、一部のアプリはWindows Phone 8版がそのまま動作しました。サードパーティー製のアプリもWindows Phone向けのTiwtterクライアント『Qwassr』などもひとまず動作。あちこちにまだ不具合があるものの、このテクニカルプレビュー版を常用できないこともなさそうです。

Windows 10 for Phones_TP版
Windows Phone8.1アプリも動作可能。

 現時点ではひとつ大きな問題がありました。筆者は香港でLumia 636にアップデートをかけましたが、言語は日本語をサポートするものの日本語キーボードが追加できません。追加の表示は出るのですがダウンロードが進まず“要確認”で止まってしまうのです。「あらかじめWindows Phone 8.1の状態で日本語キーボードを入れておけば、スマホ用 Windows 10 TP版にアップデートしても使える」という話を聞いたのですが、それを海外に持ち出して現地SIMを入れると、日本語が消えてしまうという話もあります。繰り返しますが、これはテクニカルプレビュー版。このあたりは追々改善されていくのを待ちましょう。

Windows 10 for Phones_TP版
追々改善されていくでしょう。

 初期のころのWindows Phoneは「アプリは無いし画面のUIもイマイチ」なんて言われることもありました。でも着々と使いやすくなっており、Windows 10になればPCやタブレットとシームレスなUIとなります。そうなると現在Windows PCを使っている人には、むしろWindows Phoneこそが最適なスマートフォンとなるかもしれません。日本での発売はまだ道は険しそうですが、スマホ用 Windows 10 TP版が搭載された製品をSIMフリーで売るのは十分アリな気がします。
 日本マイクロソフトの英断に期待したいですね!

Windows 10 for Phones_TP版
Windows Phoneもどんどん使いやすくなっている。

【2015年5月7日】画像の見出しを一部修正致しました。お詫びして訂正させていただきます。

■関連サイト
Download Windows 10 Technical Preview ISO
Windows 10: Briefing
 

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp