2015年02月14日08時30分

初手、島風ラッキー提督の『艦これアーケード』試遊レポ!ユーザーの操作で回避が可能!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2月13日から幕張メッセで開催している“ジャパンアミューズメントエキスポ2015(JAEPO2015)”では、『艦これアーケード』がセガブースで出展されました。

艦これアーケード

 艦これコーナーでは、試遊台の前に電子看板に映った艦娘がお出迎え。

艦これアーケード

 目の前に立つと艦娘の3Dモデルが動いて、話しかけてくれます。

 『艦これアーケード』は事前登録の抽選で当選した人のみプレイ可能です。この仕様はゲームセンターで行なわれたロケーションテストと同じですね。今回は特別に試遊させてもらえる機会を得たので、可能な限り詳細な情報をお伝えします。

艦これアーケード

 筐体はこのような形。画面はタッチパネルになっていました。解像度はフルHDくらいかなぁ~。

艦これアーケード

 操作は舵の形をした“操舵輪”と、攻撃指示をする“発令ボタン”、艦隊の速度を調整する“船速レバー”の3つで行ないます。右側にある甲板部分では、カードの印刷が行なわれているとか。どうやら、カードは排出時に印刷して出てくるようです。

艦これアーケード

 ゲームプレイは対応ゲームのプレイデータを1枚で管理できるICカード“Aime(アイミー)”または電子マネー対応の携帯電話で、カードリーダーにタッチして開始します。

艦これアーケード

 初期プレイ時は複数の艦娘から“秘書艦”を選択。これは、ブラウザー版の『艦これ』と同じですね、選べる艦娘も変わっていません

 その後、提督名を入力して進めると、秘書艦に選んだ艦娘のカードが排出されます。印刷と聞いていましたが、10秒もかからずカードが出てきました。私はブラウザー版の時に選んだ“五月雨”ちゃんに決めました。 

艦これアーケード

 排出されたカードは、筐体の左横にあるスロットに入れて画面左下に表示された“艦娘トレカ読み込み”をタッチ。 スロットは4センチくらいあり、複数枚入れられる仕様。カードは重ねて入れても認識するようです。

艦これアーケード

 読み込まれた艦娘は、画面下に表示されます。複数読み込んだらここに一覧で表示されるようです。提督おなじみの編成は、読み込まれた艦娘をドラッグ&ドロップして行ないます。

艦これアーケード

 最初は五月雨ちゃんしかいないので、第1艦隊の旗艦に設定して秘書艦として表示されます。ちなみにこの画面で艦娘にタッチすると、いろんな反応を見せてくれます。画面左には“艦隊”、“任務”、“建造”、“開発”、“入渠”と項目が並びます。“改装”や“補給”がないのが気になりますね。開発があるので、武装は変えられそうですが……。

 画面左上には資材と艦隊司令レベルが、右上にはゲームプレイに必要なGP(ゲームポイント)が表示されています。GP減少開始までは数十秒の余裕があり、それが過ぎると1秒につき1GP消費されます。この辺りの仕様はセガのボーダーブレイクと同じ。ボーダーブレイクの場合は、武器の購入やアバターの変更などにもGPを消費しますが、編成や改装にも使用するのでしょうか。右上にはバケツも発見。ブラウザー版と同じく高速修復はあるようです。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!