2015年01月25日16時00分

Apple Watchの性能はiPhone 4s並み?Apple噂まとめ(1/18~1/24)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで1月18日から1月24日までに出回った内容をまとめました。ここ最近の噂の中心は、12.9インチのiPad、12インチのMacBook Air、Apple Watchの3製品ですが、これらの新製品は2月末あたりに開催されるAppleのスペシャルイベントで披露される可能性が出てきました。

 最近は、9月に新iOSと新iPhone、10月もしくは11月に新iPadと新Macの発表というのが定例でしたが、今年は2月〜3月に1つのヤマが来るわけです。これまでAppleは、MacBook AirやiPadの初代モデルを2〜3月にリリースしてきたので、革新的なプロダクトがこの時期にリリースされるというのも納得かと。

 個人的には、12インチMacBook Air(もしくはMacBook Pro Retina)の登場で、MacBookシリーズのラインアップがどのように変化するのかが気になります。スマホやタブレットの人気で、パソコンの販売台数は低下傾向にありますし、AppleもMacBookシリーズのラインを絞り込むことも考えられますね。

 そのほかの注目の噂としては、Apple Watchに搭載されるApple S1プロセッサーは、iPhone 4Sなどが搭載していたApple A5プロセッサーと同等程度の性能があるという内容。iPhone 4sは、iOS 8が使えるなどまだまだ現役のモデルなので、Apple Watchがその性能と同じというのはちょっとオーバースペックな気がしますが、バッテリー駆動時間を延ばすためにより低クロックでの駆動になるのでしょうか。

1/19 Appleが12インチiPad用にスタイラスを開発中
MacRumorsによると、Appleは12インチ版のiPadであるiPad Pro向けのアクセサリーとして、スタイラスを用意しているとのこと。充電はLightningポート経由となり、将来的には空中で絵や字をかける機能が加わるそうです。これは、2015年4〜6月、もしくは7〜9月に発売されるそうです。なお、iPad Proの価格を抑えるために付属ではなく別売になるようです。台湾KGI証券のミン・チー・クー氏の情報です。

1/19 Apple Watchの基板は日本メクトロンなどが受注
EMSOneによると、Apple Watchに搭載されるフレキシブル基板は、日本メクトロン(株)、台湾キャリア・テック社が受注したそうです。Apple Watchは3月に発売されるようです。

1/21 Appleが音楽データを解析する企業を買収
9 to 5 Macによると、Appleは米セメトリック社を買収したとのこと。セメトリックは、音楽情報をSNSから解析する「Musicmetric」と呼ばれるサービスを運営する会社だそうです。これは2015年後半にリニューアルが予定されている「Beats Music」の一機能になると見られています。

1/21 iPhone 6sのデュアルレンズは台湾メーカーが供給か
EMSOneによると、2015年に発売されるiPhoneの旗艦モデルにはデュアルレンズが搭載されるかもしれないとのこと。iPhone 6シリーズのレンズを供給している台湾ラーガン社のCEOが、すでにデュアルレンズをスマホに採用している台湾HTC社以外からも引き合いがあることを語ったそうです。ラーガンでは、新工場を建設する予定があるそうで、この新工場の稼働状態でデュアルレンズの供給量が左右されるようです。旗艦モデルということは、5.5インチのPlusモデルのみの採用になるんじゃないかと。

1/21 Appleの新製品は2月末に集中か
EMSOneによると、Appleは2月末に12.9インチのiPad、12インチのMacBook Air、そしてApple Watchを発表するとのこと。最近は9月と10月に新製品が集中するため、下半期しか盛り上がりませんでしたが、2月末となると今年は上半期もAppleの話題で持ちきりになりそうですね。

1/23 AppleがHDI基板を買い占め
EMSOneによると、Appleは台湾ユニマイクロン社の生産設備を占有したようです。ユニマイクロンは高密度実装基板(HDI基板)を製造しているメーカーで、この生産設備がApple用になるようです。HDI基板の供給不足が原因とのこと。

1/23 サムスンのお膝元、韓国でiPhone 6のシェアが2割超
EMSOneによると、韓国でiPhone 6シリーズのシェアが2割を超えたそうです。香港の調査会社であるカウンターポイント・リサーチのレポートです。サムスン電子社やLGエレクトロニクス社などの本拠地である韓国でも、iPhone 6シリーズの人気は相当のようですね。

1/23 Apple WatchはiPhone 4s並みの性能か
9 to 5 Macによると、Apple Watchに搭載されるApple S1プロセッサーは、Apple A5プロセッサーに近い性能になるそうです。Apple A5はiPhone 4sに搭載されていたプロセッサーです。Apple Watchに搭載されるOSのコードネームは「SkiHill」で、iOSベースになるそうです。バッテリーの駆動時間は、ゲームなどの負荷の高いアプリを使う場合は2.5時間、通常のアプリを使う場合は3.5時間、活動量計として使う場合は4時間、ディスプレーを常時表示して使う場合は3時間となっています。スタンバイ時では2、3日もつそうです。また、MagSafeでの充電もかなりの時間を要するようです。Appleは19時間程度の駆動を目指しているそうですが、道のりはなかなか険しい感じですね。とはいえ、Apple Watchはすでに量産が始まっているという情報もあるので、この問題は少しは改善していると思われます。

1/23 12インチMacBook Airの解像度は2304×1440ドット
ifanr.comによると、12インチMacBook Airのディスプレー部分の部品が流出したそうです。同サイトでは、13インチMacBook ProやiPadと大きさを比較した写真がアップされています。液晶の解像度は2304×1440ドットになるとのこと。これはRetina解像度なので、標準的な表示解像度は11インチMacBook Airと同様の、1366×768ドット(アスペクト比16:9で1152×720ドット)になると思われます。となると、11インチモデルの置き換え、もしくはMacBook Pro Retinaシリーズに12インチモデルを新たに追加するのかも。

1/24 12インチMacBook Airの天板のAppleロゴは光らない
nowhereelse.frによると、12インチMacBook AirのものとされるAppleロゴの写真が流出したそうです。写真をみると、ロゴの色が従来の白からシルバーに変更されています。従来の白は、液晶のバックライトを透過する仕組みだったので、マシンの電源を入れるとロゴが白く光るにようになっていましたが、12インチMacBook Airでは、iPadのようにロゴははめ込み式になり、バックライトの光が透過しないものになりそうです。なんか、ちょっと寂しい。

1/24 Apple Watchに向けてバーバリーの元幹部を雇用
9 to 5 Macによると、AppleはApple Watchの発売に向けて、英国のファッションブランドであるバーバーリーで、デジタル・インタラクティブデザイン部門のバイスプレジデントを務めていたチェスター・チッパーフィールド氏を雇用したとのこと。同氏がLinkdinのプロフィール欄で、Appleで働いていることを明らかにしたそうです。取り組んでいる仕事は「スペシャルプロジェクト」になっているので、Apple Watchがらみでしょうね。

1/24 iOS 8の「カレンダー」の予定の時間帯がGMTになる問題
フォーブスによると、iOS 8には「GMTバグ」と呼ばれる不具合があるとのこと。同サイトによると、このバグは「カレンダー」アプリに予定を入力すると、GTM=グリニッジ標準時(日本時間よりもマイナス9時間)で表示されるそうです。たしかに、「カレンダー」アプリから、Googleカレンダーの予定を入力すると時間帯がGMTになりますね。iCloudのカレンダーへ書き込んだ場合は問題ないみたいですが。同サイトでは、iOS 8.1.3で修正されるのではないかと予想しています。

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらの表紙をクリック

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!