2015年01月19日19時15分

Android搭載ガラホ『AQUOS K』にアプリをインストールできるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Android OSを搭載しているのに「ガラホ」とKDDI田中孝司社長に称された『AQUOS K』は、シニア向けの端末として同社からは位置づけられています。しかし本日19日の『au発表会 2015 Spring』で、意外と若年層やギーク層から、注目を集めた端末ではないでしょうか?

ガラケー+スマホ=ガラホ
AQUOS K
AQUOS K
AQUOS K
オープン時
AQUOS K

 『AQUOS K』は二つ折りのAndroid OS搭載“auケータイ”です。いわゆる「ガラケー」=「フィーチャーフォン」=「auケータイ」としては、初めて“4G LTE”に対応した端末となります。

AQUOS K
↑スペックは控えめ。

 CPUはSnapdragon 400(MSM8926)、RAMは1GBとスペックはやや低めながら、Android4.4を搭載しています。ではなぜスマートフォンではないかというと、実は『Google Playストア』を搭載しておらず、『auスマートパス』からしかアプリケーションをインストールすることができないからです。

AQUOS K
↑アプリは『auスマートパス』から入手。

 『LINE』は利用可能ですが、『Twitter』、『Facebook』、『YouTube』アプリなどは『auスマートパス』からは入手できません。というわけでアプリ未提供のサービスを利用するためには、それぞれのブラウザー版を使用することになります

AQUOS K
↑タッチパネルは非搭載です。
AQUOS K
↑無理矢理アプリをインストールできるのか?

 またタッチパネルは非搭載で、そのかわりの操作手段として“タッチクルーザーEX”という機能が搭載されています。しかし、この機能はアプリ側の対応が必要で、すべてのアプリで使えるわけではありません。つまり現状『Google Playストア』に公開されているアプリは、そのほとんどが操作できない可能性が高いです。

 そこで発表会会場にいた『AQUOS K』の説明員に、APKファイルなどのアプリをインストール可能かどうか聞いてみたところ、「保証はしていないが禁止はしていない」、「adb経由でアプリケーションをインストールすることは可能」との回答がありました。つまり操作できるかどうかはさておき、PC経由でアプリケーションをインストールする道は残されているわけです。

 なおマイクロSDカードに置いたAPKファイルをインストールできるかどうかも聞いてみましたが、こちらは明確にできないとの回答がありました。

AQUOS K
↑買います!

 二つ折りAndroidスマートフォンはこれまで日本でも『SoftBank 007SH』などが発売されましたが、ヒットにはいたりませんでした。しかしスマートフォンが進化の袋小路に入りつつある現在、二つ折りやQWERTY搭載など、さまざまな形態の端末が求められてるように思います。少なくとも私は求めています。

 というわけで、本当にアプリのインストールが可能なのか、そしてインストールしたアプリを操作することが可能なのか確かめるため、『AQUOS K』を購入し、改めて詳細レビューを週アスPLUSでお届けいたします。……週間リスキー枠で!

AQUOS K
メーカー:シャープ
キャリア:au
発売日:2月下旬予定

●関連サイト
au

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp