2015年01月20日14時30分

自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 イケてないのにセルフィー(自撮り)大好きジャイアン鈴木です。最近は出かけるときはいつも自撮り棒を携帯して、下記のように様々な場所で自撮りを楽しんでいます。

自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?
イチゴ狩りとか……
自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?
風車の前とか……
自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?
散歩中とか……

 上に掲載した写真は、Amazonで販売されている格安自撮り棒と、リコーの全天周カメラ『THETA m15』で撮影しています。

 さて、ここから本題に入ります。最近個人的にドローン(マルチコプター)にドハマリしているんです。

 いまのメイン機体はパロットの『Rolling Spider』。手の平の上に乗るコンパクトサイズながら、ピタッと空中で静止する高い安定性を誇るオススメドローン。

自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?
精度数センチでホバリング!

 角川アスキー総合研究所の遠藤諭さんも下記記事で最初に推薦していましたね。

はじめての“ドローン”買い方ガイド by遠藤諭

 発売日に入手して以来、ほとんど毎日遊んでいたのですが、ある日ふと思い出したんです。「これ撮影できるんだよね」と。『Rolling Spider』はAmazonで約1万円と低価格ながら、本体底面にカメラが装備されており、静止画の撮影が可能なのです。というわけで、ドローンによるセルフィーをいろんな場所で試してみました。

自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?
室内とか……
自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?
公園とか……
自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?
ときにはツーショットとか……

 『Rolling Spider』が飛行する姿を収めた動画も用意したので、ぜひご覧ください。

 ドローン『Roling Spider』は自撮り棒に比べて、下記のような利点があります。

・長く距離をとった撮影ができる
・空中からの撮影が可能

 自撮り棒でカメラから離れられると言っても、私が使っている自撮り棒『SP068』では最大約1.1メートル。それが『Rolling Spider』であれば、最大高度10メートルから真俯瞰の撮影が可能なのです。周りの風景を最大限に収めつつ、自分がポツンと写っているセルフィー画像は、自撮り棒では得られないものです。

 ただ『Rolling Spider』の真俯瞰撮影も楽しいですが、もっといろんな角度からの撮影も試してみたいですよね。もともと機体制御用のカメラを撮影機能に利用しているので仕方がないのですが、欲を言えばもっと画質もよければなーと。

 そんなわけで同じくパロットの『Bebop Drone』の国内正式発売を心待ちにしています。この『Bebop Drone』については、できるだけ早いタイミングで実機レビューをまた週アスPLUSでお届けする予定です。お楽しみに!

自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?
Bebop Drone

 さて結論としては、自撮り棒とドローン(Rolling Spider)は現時点でどちらだけを選ぶというものではなくて、メインでは自撮り棒、そして適所でドローン(Rolling Spider)を使う……というのがよいのではないでしょうか? だって両方携帯しても、自撮り棒(約134グラム)、Rolling Spider(約55グラム)を合わせて、約189グラムと非常に軽量なのですから。THETA(約95グラム)をさらに追加したとしても、約284グラムに過ぎません!

自撮り棒vs.ドローン! セルフィーするならどっちがイイ?
両方携帯すればいいじゃない!

 なお、最近自撮り棒の利用マナーが問題になっており、またドローンも日本ではまだ規制はありませんが、なにか事故が起こった場合には屋外での利用が厳しく制限される可能性があります。ガッチガチの規制で縛られる“セルフィー暗黒時代”が来ないように、自撮り棒利用時には周囲の人に当たらないようにつねに気を配る、ドローンは周囲に人がいない広い場所で楽しむようにいたしましょう!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp