2015年01月11日16時00分

12インチMacBook AirはUSB 3.1のみ搭載?Apple噂まとめ(1/4~1/10)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトで1月3日から1月10日までに出回った内容をまとめました。先週の噂ではなんといっても、12インチMacBook Airのハードウェア仕様の流出に注目が集まりましたね。外部機器を接続するための有線インターフェースを、USB 3.1ポートとステレオミニジャックに絞り込んだ割り切り感が話題になりました。電源ポートとUSBを兼ねるというのは画期的なアイデアですよね。

 個人的には、BluetoothやAirPlayで飛ばせる音声も有線インターフェースをなくして、その部分にもう1基のUSB 3.1ポートを搭載してほしいところですが、この割り切り感は最近のAppleにはなかった流れなので注目です。サイズも11インチのMacBook Airよりも6ミリ厚いものの、幅は6ミリ狭くなっているので携帯性は抜群だと思われます。登場は、2月もしくは3月と言われていますので、超期待して待ちたいところです。

1/4 日本でのApple Watchの発売は4月以降か
新華ニュースによると、Apple Watchの発売日は各国で差があるとのこと。米国、ドイツ、フランス、スペイン、スイス、イギリスでは2015年の前半、日本や中国、韓国などはそのあとの発売になるそうです。Appleは、米国の公式サイトでApple Watchの発売を「Coming Early 2015」としており、同社の過去の製品のサポート名などからEarlyは1〜4月を指すと考えられます。つまり、少なくとも米国では4月までにリリースされるのでしょう。気になるのは第2弾に含まれる日本の発売日ですが、過去のiPadやiPhoneで同様の事例を調べてみると、だいたい1カ月〜2カ月ぐらい後の発売になるのではないかと思います。

1/7 4インチの次期iPhoneは登場しない
Phone Arenaによると、4.0インチの次期iPhoneは登場しないとのこと。その根拠はサプライチェーンの部品供給状況だそうです。具体的には、Appleから4.0インチiPhoneに関連する部品の発注を受けていないそうです。まあ、iPad mini 3も登場するまでは部品発注の痕跡が見られないという情報もあり、一時はディスコンという噂もありました。4.0インチのiPhoneについても、現時点ではなんともいえないのではないかと思います。個人的に気になるのは、ディスコンといわれて出てきたiPad mini 3が、iPad mini 2(iPad mini Retina)にTouch IDを搭載しただけの製品だったことです。今回の4.0インチiPhoneも同様の部品の供給状態であるならば、iPhone 5sや5cの強化版という位置付けになるのかも。4.0インチモデルは100ドル以下という情報もありますし、新機能は積極的に搭載しないのではないかと。

1/7 Apple Watchは米国で3月に発売される?
9 to 5 Macによると、Apple Watchは米国で3月に発売されるとのこと。すでにソフトウェア部分の開発は済ませているそうです。また、2月16日に本社キャンパスで米国内の直営店スタッフが集められ、Apple Watchのトレーニングプログラムが実施されるとのこと。これらの情報を統合すると、発売は2月下旬から3月ごろになるのではないかと考えられています。米国ではAppleの公式サイトで「Coming Early 2015」と記載されていることから1〜4月の発売は確定的ですが、1月とか4月の発売でEarlyというのは少し違和感ありますし、まあ3月が順当な線ですね。

1/7 12インチMacBook Airは電源兼USB 3.1のみを搭載
9 to 5 Macによると、12インチのMacBook Airの一部仕様が流出したとのこと。サイズは、11インチMacBook Airに比べて6ミリ厚いものの、幅は6ミリ短くなっているそうです。液晶回りのベゼルがかなり狭くなるようですね。キーボードのキー自体の幅も狭くなっていて、一部のファンクションキーの位置も変更されるそうです。キーボードについては、縦方向に短くなることはあっても、操作性を大きく左右する横幅についてはこれまでほとんど変更が加えられていませんでしたが、そのルールをApple自らが破ることになりますね。もしかすると、キー操作に若干の違和感を覚えるのではないかと思います。また、キーボードの上部4カ所にスピーカー用の小さな穴が開けられています。

 そのほか衝撃的なのが、外部の有線インタフェースとしてUSB 3.1ポート、ヘッドホンポートしか備えていない点。どうやら、電源アダプターの接続もUSB 3.1を経由するようです。これだと充電中は外部機器が使えなくなるので、おそらく電源ポート側にUSBハブ機能を持たせる、分岐ケーブルを用意するなどの配慮があると思われます。にしても、この仕様がホントならかなり思い切りましたね。ネットワークはWi-Fi、映像出力はAirPlay、Thunderboltは対応機器の価格が高いので使用頻度が低いなどの状況を考えると、ありえる仕様かと。それなら、音楽はBluetoothで飛ばすということでヘッドホンポートもなくていいと思いますけどね。

1/7 4.0インチの新型iPhoneの名称はiPhone 6s mini
EMSOneによると、Appleが開発中と噂される新しい4.0インチのiPhoneの名称は、iPhone 6s miniになるそうです。miniは新興国をターゲットにするモデルとのこと。iPhone 5cが先進国ではディスコン状態であることから、これを置き換えるだけなんじゃないでしょうか。まあ、iPhone 5cクラスの性能で100ドル以下で出せたら売れると思いますけどね。

1/8 AppleがOS X 10.10.2を開発者に配布
9 to 5 Macによると、AppleはOS X Yosemite 10.10.2を開発者に向けてリリースしたそうです。フォーカスエリアは、Wi-Fi、「メール」アプリ、VoiceOverとなっています。

1/9 サムスンがApple S1チップの受注を獲得
DIGITIMESリサーチによると、Apple Watchに搭載されるApple S1プロセッサーの製造は、韓国サムスン電子社が受注するとのこと。サムスンは28nmプロセスで製造する予定で、供給量は12インチウエハー換算で月産3000~4000枚とのこと。この記事では、Apple Watchの発売は3月とされています。

1/9 iPhoneの販売台数で中国が1位に
EMSOneによると、iPhoneの販売台数で中国が米国を抜いて1位になったそうです。iPhoneの総販売台数に占める中国の販売台数は、2014年第3四半期の22%から第4四半期には35%に拡大したそうです。一方、米国市場では29%から24%へと下がったとのこと。

1/9 12インチiPadの金型が流出
MacRumorsによると、中国のWeibo経由で12インチiPadと見られる金型の画像が週出したそうです。写真を見るだけでは、中央にAppleマークのようが見えるものの、新しいiPadの金型なのか、そもそもiPadの金型なのかどうかすらわかりません。

1/10 iOS 8.1.3は今週リリース
BGRによると、今週にもiOS 8.1.3がリリースされるそうです。火曜もしくは木曜のリリースが濃厚とのこと。Apple Watch対応のバージョンはiOS 8.2.xなので、 8.1.3はまあバグフィックスでしょうね。

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!