2015年01月16日20時00分

まるで貼ってないみたい!端まで攻めるiPhone6ガラスが浮かない秘密とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマホの画面保護はすっかりガラスが主流。ですが、きっとみなさんもよくご存じの通りiPhone 6、6 Plusは画面の端が丸みを帯びているため、ガラスが画面全体よりひと回り小さくなってしまってカッコ悪かったり、端まで貼れても端末の個体差によっては浮きが目立ってしまうなどの問題があります。それだけではありません。意外に思われるかもしれませんが、以前にもお伝えしたとおりiPhoneって個体差も結構あるんです。公差というやつです。

 「ベストなガラスがないなら作ればいいじゃない」ということで、週刊アスキーとAppBank Store、Deffの3社コラボで究極のガラスを製作しちゃいました。それが、こちらの製品です!

週刊アスキー×AppBank Store×Deff 究極 液晶画面を全面保護 強化ガラスフィルム
iPhone 6用 iPhone 6 Plus用

究極ガラス

 まずはこの写真をご覧ください。一見、ガラスを貼っているのがわかりませんよね。このくらいギリギリ端まで攻めました。

究極ガラス
iPhone 6にブラックを貼ったところ
究極ガラス
iPhone 6にホワイトを貼ったところ
究極ガラス 究極ガラス
iPhone 6 Plusにブラックを貼ったところ iPhone 6 Plusにホワイトを貼ったところ

 斜めから見てもこの通り見事です。

AppBank Store×週アスコラボ究極保護ガラス
見よ!この一体感!

 旭硝子の0.33ミリの化学強化ガラスを使用し、iPhoneのカラバリに合わせてホワイトとブラックを用意。ガラスは無理に薄く研磨せずそのまま使用しているため、透明度が高く頑丈です。 

究極ガラス 究極ガラス

 なぜここまで攻めても端が浮かないのか、その秘密を解説します。そもそも液晶保護ガラスは、シリコン層が接着剤の役割を果たします。丸みを帯びた端ギリギリまで貼れる理由は、柔らかなシリコンが「うにゅっ」となって隙間を埋めてくれるためです。また、本製品は周囲にホワイトとブラックの色が付いたタイプ。以下の断面図のようにガラスが透明の部分と色の付いた部分ではわずかな段差があるためシリコンの厚みが変えてあります。それがいい効果を生んで画面吸着性を高めています。

 ここにはたくさんの保護ガラスを開発・製造してきたDeffさんの培った、粘着シリコン層の材料や厚みに関するノウハウが生かされています。透過性、粘着性はもちろん、今回は特に“なじみ”の部分に注力し、凹凸や曲面に対してキレイになじむシリコン層の厚さを独自に導き出したとのことです。

究極ガラス

 ホームボタンの抜きもU字形ではなく円形です。これも、端ギリギリまでガラスがあるからこそです。好みもあるとは思いますが、U字タイプに比べてとても美しいと思いませんか?

究極ガラス

 さらにカバーなどを付けると、ガラスと画面の段差が完全になくなってなじみます。

究極ガラス

 週刊アスキーとAppBank Storeのロゴ入り特製クリーニングクロスが付属します!

AppBank Store×週アスコラボ究極保護ガラス

 日本一ガラスにウルサイ男といっても過言ではない週アス副編ACCN自信の一品です。詳細なスペックやオンライン購入はこちらからどうぞ! (売り切れてしまったらすみません)

ACCN店長

似顔絵

週刊アスキー×AppBank Store×Deff 究極 液晶画面を全面保護 強化ガラスフィルム iPhone 6 をアスキーストアで購入
アスキーストアで購入

週刊アスキー×AppBank Store×Deff 究極 液晶画面を全面保護 強化ガラスフィルム iPhone 6 Plusをアスキーストアで購入
アスキーストアで購入

アスキーストア
アスキーストア店員 うえの&やまぐち

 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。店員コンビによる動画の商品紹介は、ひと目で商品の機能や特徴、サイズ感がわかるので購入検討時に必見です! アスキーストアの公式TwitterやFacebookは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます。ぜひフォローしてね!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!