2015年01月03日14時00分

オトコにはひとりになりたいときもある そんなときのRaspberry Pi|Yahoo!知恵袋連動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

奇問難問に超回答してみた
ヤフー知恵袋勝手に答え隊

 ひとり静かに過ごしたいひととき、そんな時間が男性ならずとも老若男女、誰にでもあるはず。そんなときに便利な人感センサーのお悩みに勝手に答えてみました。

[質問]
人を感知すると指定したメールアドレスにメールを送るような物をつくってみたいと考えています。

[回答]
ナイトライトとラズベリーパイで作ろう!

人感知装置 『だれかキタなう1号』
Yahoo_993

【使用パーツ】

●ナイトライト
 ELPA LEDセンサー付ライト PM-L200(1500円前後)
●コンピューター
 Raspberry Pi(4300円前後)
●4GB以上のSDカード(1000円前後)
●3.3V動作の汎用ロジックIC
 74HC132(100円前後)

合計費用 6900円前後

 すべてゼロから作ると、かなりの知識と時間が必要。そこで、センサー部分は人を感知してLEDが光る『ナイトライト』、メール送信用にはネットワークに接続できる小型コンピューターの『ラズベリーパイ』といったように、ある程度出来上がっているパーツを組み合わせて作ってみた。

 なお、通知はメールで行なうよりも、ツイッターでつぶやくほうがおもしろいかなーと思い、そうしてみたが、メールのほうが都合がよければスクリプトの改造で対応できる。

センサー部の仕組み
Yahoo_993
↑LEDを光らせる信号を奪ってラズベリーパイへ入力、ツイートするというのが大まかな流れ。

『だれかキタなう1号』の作り方

ライトを分解して基板を取り出す
Yahoo_993
↑まずはナイトライトを分解。基板中央下にあるのが人感センサー。そのすぐ右が光センサー。
基板の裏側にケーブルを付ける
Yahoo_993
↑基板の裏をチェック。LEDへの配線を追いつつ、テスターで光らせている信号を探す。
信号とGNDをケーブルで延長する
Yahoo_993
↑見つけた信号とGND(グランド)にケーブルをはんだ付け。なお、GNDは配線しやすい場所から取った。
電圧を変換してラズベリーパイへ
Yahoo_993
↑センサーの出力は3.8Vと少し高かったので、汎用ロジックICで3.3Vにしてから入力した。

スクリプトでつぶやかせる

#!/bin/bash
while :
do
     status=`gpio -g read 17`
     if [ "$status" = "0" ]; then
          echo "HERE COMES A NEW CHALLENGER !"
          ttytter -ssl -status="HERE COMES A NEW CHALLENGER ! ($(date))" -silent

          while [ "$status" = "0" ]
          do
               status=`gpio -g read 17`
          done
     fi
done

↑読み取りに『WiringPi』、ツイートに『TTYtter』を使ったスクリプトを作成。

Yahoo_993
↑廊下にあったコンセント部に設置。センサー前を人が通りかかるとLEDが光る。
人が通るとツイートされた!
Yahoo_993
↑コメントがつぶやかれれば成功だ。DMなどで、自分宛てにツイートさせてもいい。

■関連リンク
Yahoo!知恵袋

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp