2014年12月24日22時30分

アプリックスがiOS8のHomeKit向けBluetoothモジュールを提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんばんは。いまは週刊アスキーの吉田です。さて、iBeacon端末でおなじみのアプリックスが、なんと今度はiOS8のHomeKit向けのBluettoothモジュールの各社への提供を発表しましたよ。

HomeKit
HomeKitを利用することで、ドアの開閉や照明のオン/オフ、キッチン家電の操作などが可能になります。遠隔操作を実現するのが、Wi-FiやBluetoothといった無線通信。
HomeKit
HomeKitはiPhoneからネット経由で自宅に機器をコントロール可能にする技術です。

 iOS8の超注目新機能のなかでは、身体の情報を管理できる「ヘルスケア」アプリとそのAPI群である「HealthKit」を利用するアプリがリリースされており、ユーザーにもそのメリットが伝わりつつあります。しかし、HomeKitだけはいまだベールに包まれたままでした。

HomeKit
HomeKitでは、部屋ごとに制御する機器を管理できるほか、Siriを使った音声入力も可能です。

 HomeKitは、Wi-FiやBluetooth、ZigBeeなどの無線通信を利用して、ドアのロックや照明、エアコンなどを管理可能にする仕組みです。アプリックスが今回発表するBluetoohtモジュールを製品に組み込むことで、モジュール単独で機器のセットアップや操作権限の管理(ユーザー管理)、複数機器の一括操作、時間指定での操作予約、Siriを使った家電の操作、高度なセキュリティーが求められる電子錠などが実現するとのこと。

HomeKit
HomeKitのプロファイルとしては、ガレージドアの開扉、照明、ドアの施錠、温度設定、ウェブカメラのコントロール、スイッチの切り替えなどが用意されている。

 同社のBluetoothモジュールといえば、iBeacon関連だけでなくタカラトミーの「nanoblock motion チョロQ」や「マイタッチスマート」に組み込まれたという実績があります。チョロQはモジュールを本体に組み込んだことでiPhoneなどでのリモートコントロールが、マイタッチスマートはスマホとペアリングすることでメッセージやスタンプの交換がそれぞれ可能になり、従来とは異なるスマホで遊べるオモチャとして認知されました。

HomeKit
小型のBluetoothモジュールの組み込みにより、スマホからの遠隔操作が可能になった「nanoblock motion チョロQ」。
HomeKit
スマホとBluetoothでペアリングすることでネットに接続することなくメッセージやスタンプをやり取りできる「マイタッチスマート」。

 HomeKit対応のBluetoothモジュールの登場で、2015年には画期的な家電製品が登場する可能性が高まってきました。HomeKit対応製品が市場に出そろうことで、iOS8の全貌がようやく明らかになりますね。

■関連サイト
アプリックス(プレスリリース

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!