2014年12月03日12時45分

JR東京駅でiBeaconを利用したナビゲーションシステムが12月18日にスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんにちは。いまは週刊アスキーの吉田です。さて、このたびJR東日本がビーコンを利用して東京駅構内をナビゲーションするシステムを発表しました。。iPhoneやiPadを使うことで、ウイザードリー級のダンジョンである東京駅構内で目的の場所にたどり着くことができますね。

JR×iBeacon

 実証実験のイメージ図をみると、どうやら天井からぶら下がっている案内板にビーコン端末を仕込んでいるようです。なお、試験期間は、2014年12月18日(木)~2015年2月28日(土)を予定しているとのこと。場所は、東京駅の1階、地下1階、改札内コンコースとなります。

JR×iBeacon

 ビーコンを利用することで、電波が届きにくい場所でも現在地を捕捉できます。

JR×iBeacon

 現在地を捕捉できたら、あとは目的地を指定するだけ。これで駅構内の地図上にルートが表示されます。

JR×iBeacon

 自動車のナビのように、右方向に進むや直進方向に進むなどの指示を出してくれます。

JR×iBeacon

 目的地周辺にある売店や休憩場所などの情報も参照可能です。実証実験が始まったら、現地レポートする予定ですのでお楽しみに!

(2014.12.03 19:15追記)図版の説明部分に間違いがありましたので該当部分を削除しました。

■関連サイト
JR東日本(プレスリリース

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!