2014年11月26日08時00分

LollipopなSHIELDタブレットとNexus9を3つのベンチマークを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Android 5.0ことLollipopにアップデートされたNVIDIAの『SHIELDタブレット』。ユーザーのみなさんにはすでにLollipopが配布されていると思います。そのSHIELDタブレットといえば、ゲームに特化した端末ですが、その根幹を支えているのはプロセッサーの『Tegra K1』。192個のNVIDIA CUDAコアによる強力なグラフィック性能、スーパーコンピューターと同じKeplerアーキテクチャーが魅力です。

SHIELD Lollipop

 さて、そんなTegra K1ですが、HTCから発売されている『Nexus9』にも搭載されています。同じCPUで、しかも同じバージョンのAndroid OSが搭載されているとなると、気になるのはやはり機能差。今回は3つの定番ベンチマークテストで比較してみました。 

●GeekBench3

SHIELD Lollipop

 まずは『Geekbench3』のマルチスコアの値をチェック。それぞれ、SHIELDタブレットはアップデート前のものとアップデート後の値、そしてNexus9は既存のファームの値を表記しています。こちらではLollipopなSHIELDタブレットが僅差でトップに。これらはすべて3回実行した上での平均値ですが、確かにバージョンアップ後のSHIELDタブレットは安定してこの値を出していました。

●AnTuTu

SHIELD Lollipop

 続いてはベンチマークアプリ『AnTuTu』の総合ベンチ結果。こちらはNexus9がトップに。SHIELDタブレットについては、やはりKitKatからLollipopにアップデートすると、数値がアップしています。

●3D Mark(Ice Storm Unlimited)

SHIELD Lollipop

 最後にグラフィック性能をみる3D Markで、モバイル端末向けには現状最も高負荷な“Ice Storm Unlimited”をテスト。こちらはアップデート前でもSHIELDタブレットがNexus9に勝利しています。

 以上の3つより、アプリの互換性はひとまず置いておくことになりますが、単純性能であれば、KitKatからLollipopにしたほうが◎、かつ同じLollipopでもSHIELDタブレットのほうがゲームなどに特化して設計されているぶん、高度なグラフィックを扱える、ということです。

 高性能なAndroidタブレットをお求めの方はぜひ参考にしてください。

●関連サイト
SHIELD特設サイト

 ちなみに、SHIELDタブレットは11月末まで下記クーポンをアスキーストアで使うと5000円の割り引きが受けられます。購入を検討中の方はお見逃しなく!

 さらに詳細なスペック&オンライン購入はこちらでどうぞ(品切れてしまったらすみません)。

アスキーストアならクーポンコードで5000円引き!
489376
(使用期限は2014年11月30日まで)
クーポンの使い方はコチラ

NVIDIA SHIELDタブレット 初回限定 3点セット(週アスオリジナル液晶保護フィルム付き)をアスキーストアでいますぐ購入
アスキーストアで購入

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

54人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp