2014年11月24日12時00分

ChromeでGメールの誤送信を防ぐ Safety for Gmailで遊ぼう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 締め切り間際の仕事で焦っていてメールの処理が追いつかない。そういうときに起こりがちなのがメールを誤送信だ。『Safety for Gmail』は、Gメールで複数の宛先に送信する際、送信先の警告画面を表示することで、誤送信を防げるChromeの拡張機能。慌てているときほどメールに関するミスが発生しやすいものだが、この拡張機能を使えば誤送信を防ぐことができる。

Safety for Gmail


■インストール
 グーグルのウェブサイト“Chrome ウェブストア”にアクセス。『Safety for Gmail』を検索して、ダウンロードサイトへ。

Safety for Gmail

 右上に表示された【+ 無料】を押し、【追加】をクリックすると数秒でインストールが終了する。

■Gメールでメールを送信すると……
 拡張機能のインストールが完了したら、Gメールを開いてメールを送信してみよう。複数の宛先を指定してメールを送信すると、以下の画面が表示される。

Safety for Gmail

“送信しない”場合は、チェックをそのままにして【OK】 をクリック。“送信する”場合は、チェックを入れて【OK】をクリックしよう。“すべての宛先をBccに移動して送信する”ことも可能。一斉送信する際、CCに宛先を入力してしまい、同時送信した人のメールアドレスが丸見えになってしまうミスが起こりがちだが、こうしたミスを防ぐことができる。

■地味に便利なGメールの送信取り消し機能
 複数の宛先に送る際に警告画面を表示する機能だが、それ以外のメールのミスも防止したいと思う人もいるだろう。その場合は、Gメールの“送信取り消し”機能を併用しよう。

Safety for Gmail

 Gメールの設定を開き、Labsで“送信取り消し”を【有効にする】と、送信して数秒以内であれば、上部に表示された【取消】をクリックすることで、送信をキャンセルできる。「あの人を宛先に追加するのを忘れた!」、「ファイルを添付し忘れた!」など、送信直後にミスしたことに気づくケースは多々あるが、この機能を使えばこうしたミスを最小限に抑えられるだろう。

Safety for Gmail

 なお、Gメールの設定にある“全般”では送信を取り消せる時間を指定できる。取り消しまでの時間は“5秒”、“10秒”、“20秒”、“30秒”の4パターンから選択できる。瞬時に判断できない場合は、長めの時間に設定しておくと安心だ。

Safety for Gmail

●関連サイト
Safety for Gmail
バージョン:1.0.30
利用無料
作者:Systena Corporation

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp