2014年11月13日22時15分

ビリギャルが待望の映画化 主演の有村架純は金髪ミニスカに挑戦‼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通称“ビリギャル”として累計発行部数も55万部に達したアスキー・メディアワークスの人気書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』がついに映画化

しかも、主演は今が旬の若手女優、有村架純さんです!

ビリギャル
映画『ビリギャル』の主演を務める有村架純さん

ビリギャルは、高校2年にして学力は小学4年生レベル、聖徳太子を“せいとくたこ”と読んで太った女子だと発想する偏差値30のギャル・さやかが、1年半でメキメキ成績を上げてついには慶応大学合格に至った実話を追ったサクセスフルな内容です。
著者はさやかを実際に指導しやる気を目覚めさせた当事者である塾講師、坪田信貴氏。
読んだ人を前向きにする文句なしの名作です。

内容の面白さはもちろん、話題を呼んだのはこの表紙。

ビリギャル
原作書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』

金髪とミニスカでいかにもギャルといった感じの女子高生のビジュアルと、“慶応大学に現役合格した”というタイトルのギャップが多くの人の目に止まりました。

さて、主演を演じる有村架純さんは、『あまちゃん』のみずみずしい演技が話題を呼び、ジブリ作品の映画『思い出のマーニー』ではヒロイン役の声優を務めるなど、清純派のイメージ。ツンツンしたギャルとはイメージがかけ離れているようですが!?

有村架純さんはビリギャルの主演について「“ギャル”という役柄が果たして自分にできるのか、とお話をいただいたときは驚いたのです が、実際に原作や台本を読ませていただくと“ギャル”という言葉のイメージとは異なってとても 素直で一途な女の子だったので、やらせていただくのが楽しみになりました」とコメント。

新鮮な金髪ミニスカ姿の有村架純さんに期待です!

監督は『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』など数々のヒット作を手掛ける土井裕泰氏。脚本は『テルマエ・ロマエII』、ドラマ『ウォーターボーイズ』シリーズの橋本裕志氏。
2015年全国ロードショーです。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!