2014年11月07日06時00分

Googleマップのアプリがマテリアルデザインに対応 新旧UIを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Googleはマテリアルデザインを採用した『Google Map』アプリ版をiOSおよびAndroid向けに公開しました。

Googleマップ マテリアルデザイン

 おもなアップデートはマテリアルデザイン採用によるUIの一新。ということで、iPad Air2で新旧UIを比べてみました。左(スマホ表示では上)が更新済みの画面で、右(スマホ表示では下)が旧UIです。

●地図表示(検索結果)

Googleマップ マテリアルデザイン Googleマップ マテリアルデザイン

●サイドメニュー

Googleマップ マテリアルデザイン Googleマップ マテリアルデザイン

●スポットの詳細情報

Googleマップ マテリアルデザイン Googleマップ マテリアルデザイン

●パーソナル情報の表示

Googleマップ マテリアルデザイン Googleマップ マテリアルデザイン

 また、今回のアップデートによりOpenTableとの連携(レストラン予約)とUberとの連携(タクシー呼び出し)が可能に。

Googleマップ マテリアルデザイン
↑Uberアプリをインストールして、かつ現在地がサービス提供地域である場合、経路検索(公共交通機関か徒歩)をするとUberオプションが表示されるようになる。

 ただし、OpenTableとの連携機能は米国のみ有効。Uberに関してはUber公式ブログで“30以上の都市で利用可能、また今後各地域で展開予定”となっていますが、Uberを呼べる東京・飯田橋で記事作成時に試したところ、まだ表示されませんでした。

 Android版のアップデートは、OSのOTAアプデのようにユーザーによってはタイミングが遅れて配信されるようです。

●関連サイト
Google 公式ブログ該当記事(英文)
Uber 公式ブログ該当記事(英文)

iOS版Googleマップをダウンロード
AppStore アプリをダウンロード

iPhone版Uberをダウンロード
AppStore アプリをダウンロード

Android版Googleマップをダウンロード
Google Playアプリダウンロード

Android版Uberをダウンロード
Google Playアプリダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!