2014年11月05日21時15分

Windows情報局ななふぉ出張所

どうなるXperia? 低迷するソニーモバイルに打開策はあるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 10月31日に開催されたソニーの第2四半期決算説明会では、ソニーモバイルの今後に注目が集まりました。前日には、Xperiaシリーズを手がけるソニーの子会社であるソニーモバイルコミュニケーションズの社長交代を発表。業績不振に伴う、事実上の更迭と報じられています。

どうなるXperia?
↑ソニーモバイルコミュニケーションズの新社長に就任予定の、十時裕樹氏。ソニーの決算発表では、モバイル事業の今後に注目が集まった。

 果たして今後の展開はどうなるのでしょうか。11月25日に予定される投資家向けイベントでは、ソニーモバイルの新社長に就任する十時裕樹氏が、今後の詳細な計画を発表するとのこと。そこではXperiaシリーズのラインアップの整理や、中国を含む展開地域の絞り込みを含む、事業戦略の抜本的な見直しが期待されます。

■中国市場向け展開を大幅縮小へ

 ソニーモバイルについては、9月17日の時点で業績の大幅な下方修正を発表しており、端末数の絞り込みや人員削減といった対策を発表していました。今回の社長交代も、この改革路線を遂行するためと考えてよさそうです。

 ソニー全体を見渡しても、子会社化したテレビは好転しつつあり、赤字だったPC事業は売却が終わり、コンテンツや金融分野ではしっかり黒字を確保しています。しかし、モバイル事業の大きな赤字が、それらを帳消しにする形となっています。ソニーにとって、モバイル事業が最大の課題といえます。

 そこで今回、ソニーが新たに打ち出したのが、中国向けモバイル事業の大幅縮小です。具体的にはSIMフリーモデルを除いて、中国向け専用モデルの開発を中止するとしています。

どうなるXperia?
↑中国最大のキャリア、チャイナモバイル向けのXperia Z2。

 ただ、中国では独特の通信規格や周波数が多く、グローバルモデルではない、中国向けモデルが求められます。特に今後は、中国のLTEバンドに対応したモデルの競争が激化することから、ソニーモバイルは実質的に中国市場から退場することになるでしょう。

 中国以外にも、一部の新興市場からの撤退が予想されます。製品ラインアップについても、ミドルレンジ製品の一部を廃止、あるいはハイエンドのZシリーズのみに絞りこみ、さらには年2回のZシリーズの新機種発表も、見直しは必至との見方が強まっています。

■ソニーとは対照に世界3位に躍り出たXiaomi

 中国市場で白旗を揚げたソニーとは対照的に、決算発表の会場でも話題となっていたのが中国のXiaomiです。IDCの調査により、世界第3位の出荷台数を誇るスマートフォンメーカーになったことが明らかとなりました。他にも中国ではMeizuやCoolpad、そして日本でも知られるレノボやファーウェイがしのぎを削っています。

どうなるXperia?
↑Xiaomi創業者の1人であるリン・ビン氏による講演のようす(2014年6月のMobile Asia Expoにて)。

 もちろん、製品を細かく見ていけばXperiaシリーズは非常によくできていることは明らかです。Xiaomiを始めとする中国メーカーに劣っているとは感じられません。ただ、問題は同程度のスペックで比べたとき、値段が高すぎるという点に尽きるでしょう。

 それでは、中国以外にもスマートフォンの出荷台数が激増している新興市場はどうでしょうか。インドではMicromaxなどの地元メーカーが強く、サムスンも健闘していることから、ソニーが巻き返すのは難しそうです。

 さらに今後は、こういった新興国で成功したメーカーが、海外に展開する動きも予想されます。元グーグル幹部からXiaomiに移ったことで知られるヒューゴ・バラ氏は、サーバーを中国から海外に移すなど海外進出の準備を進めており、他の新興市場への展開を表明しています。

どうなるXperia?
↑元グーグル幹部のヒューゴ・バラ氏が海外進出を進める(2013年12月のLeWeb Parisにて)。

 ただ、ブランドの影響力という点では課題が残ります。たとえば中国のファーウェイは、欧米でもかなりその名を知られる存在になっています。その背景には、サッカーチームのスポンサーになるなど、知名度向上のための地道な努力があります。

 長い歴史のあるソニーは有利かと思われるところですが、日本を除くグローバルでみると、モバイルから白物家電まで幅広くカバーするサムスンに押されているのが現状です。特にモバイルでは2強であるアップルとサムスンを追う、第3集団の中に埋もれており、そこから抜け出すことができない状態です。

■Xperiaシリーズにも、わくわくするような新展開を期待

 ソニーモバイルはXperiaシリーズの今後の打開策として、各国キャリアとの連携強化を打ち出しています。すでに日本ではNTTドコモ、KDDIに加え、ソフトバンクからも初となるXperiaを発売しました。タイムリーな提案ができるメーカーとして、要求にしっかり応えつつ、他キャリアと密接な関係を築いていけば、安定した事業運営が見込めることになります。

 その上で、Xperiaシリーズにはもっと魅力的な新製品も期待したいところです。最新モデルのXperia Z3やZ3 Compactはいずれも完成度が高く、既存ユーザーが安心して買い換えられる順当な進化を遂げています。

 ただ、すでに膨大な数のユーザー抱えるアップルやサムスンならともかく、新しいユーザーを取り込んでいく立場にあるソニーモバイルには、もっと攻めの姿勢が必要ではないでしょうか。

 そういう意味では、レンズスタイルカメラや、香水瓶型のCyber-shot『DSC-KW1』といったデジカメ製品、あるいは独自OS採用のハイレゾ対応小型ウォークマンなど、最近のソニーはユーザーの予想を上回る新製品を次々と打ち出しています。

どうなるXperia?
↑セルフィーに特化したデジカメとしてインパクト抜群のDSC-KW1。ソニーはこういう製品を作れるメーカーだと再認識させられた。

 これまでXperiaは、デジカメやオーディオといったソニーの技術を次々と取り込んできました。それなら逆に、デジカメやオーディオ製品にXperiaの通信技術を統合することもできるはずです。このようなデバイス間の垣根を取り払うことが、ソニーモバイルの打開策につながるのではないでしょうか。

山口健太さんのオフィシャルサイト
ななふぉ

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

11,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp