2014年10月29日15時30分

3Dスキャナー付きで12万円切り! 激安3Dプリンター複合機が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
20141029xyz

 11月中旬発売予定の熱溶解積層方式3Dプリンター『ダヴィンチ 1.0 AiO』は、最大ワークエリア20×20×19センチのシングルヘッドによる3D印刷に加えて、200万画素カメラとレーザーダイオードモジュールによる精度0.2ミリ(スキャンサイズ15×15センチ)の3Dスキャン機能を搭載したのが最大の特徴。

 自動回転テーブルを搭載し、約4.8分でオブジェクトのスキャンが完了。3Dモデリングができなくても、手軽に3Dデータを生成して3D印刷(複製?)が行なえます。なお、スキャンしやすい素材は石膏像など白色のものか、丸みのある造形。スキャン精度はゴムスプレーを使って光沢感を消すことで向上させることができます。

 逆に、スキャンしにくい素材は表面が光沢なもの、黒色など色が暗いもの、角、足などスキャンの陰になりやすいもの、空洞があるものとのこと。

『ダヴィンチ』シリーズでは初めてPLA材料に対応したのもトピック。同社が「世界初の一般消費者向け3Dプリンター複合機」と銘打つ『ダヴィンチ 1.0 AiO』。市場にある3Dスキャナーの価格を考えると、12万円切りという価格はまさに価格破壊です!

20141029xyz
20141029xyz

おもなスペック
・印刷方式:熱溶解積層方式
・最大ワークエリア:20×20×19cm
・解像度:100~400ミクロン
・プリントヘッド数:シングルヘッド
・プリントノズル直径:0.4mm
・サイズ:468(W)×558(D)×510(H)mm
・サポートファイル:.das、.stl、XYZ Format

スキャナー仕様
・スキャン部:200万画素カメラ+レーザーダイオードモジュール
・スキャンサイズ(直径×高さ):15×15cm
・スキャン精度:0.2mm(200μm)

ダヴィンチ 1.0 AiO
・XYZプリンティングジャパン
・11月中旬発売予定
・価格 11万9800円

●関連サイト
XYZプリンティングジャパン

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!