2014年10月22日20時00分

メモリー増設不可!新型Mac miniの超クローズドな仕様をこの目に焼き付けた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさま、こんばんは。いまは週刊アスキーの吉田でございます。Mac miniを愛するみなさんにとって、2年ぶりに新モデルが登場しました。がしかし、Appleによるとユーザーによるメモリーの換装ができないクローズドな仕様であるとのこと。

 そんなこといいながら、実は保証しないだけで換装できるのでは?と一縷の望みをかけてMac miniを入手してきました。

Mac mini

 見た目は従来モデルと同じですが、CPUがIvy BridgeからHaswell Refreshに1.5世代進化しています。

Mac mini

 背面も従来どおり、USB 3.0ポート×4基のほか、Thunderbolt2ポート×2、HDMIポートなどが備わっており、拡張性は十分。

Mac mini

 では肝心の底面を見てみましょう。こちらも従来モデルと一見変わりませんね。フタを反時計回りに動かすとフタが外れるはず。あれ、外れない。よく見ると、フタをずらす目印の●○のマークが消えています。

Mac mini

 フタ自体は引きはがせば簡単に取り外せますが、そこから先は星形のトルクスドライバーが必要です。この手の分解に慣れているので、トルクスドライバーぐらいはなんの障害でもありません。スペシャル工具セットを用意して分解に臨みました。

Mac mini

 ところが、Mac miniのトルクスネジは歯ごたえ抜群であえなく分解は中止に。穴あきのトルクスドライバーのT5〜T7あたりを使うため、残念ながらマイ工具セットには、そこまで特殊な工具はありませでした。

 というわけでみなさま、Mac miniを購入する際は搭載メモリーの容量に注意しましょう。最低でも8GBはほしいところですし、仮想化アプリを利用してWindowsもバリバリ動かしたいということであれば16GBでもいいかもしれません。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!