2014年10月22日17時30分

iPhone 6、6 PlusのDラインを隠すガラスプロテクターを試す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhone 6/6 Plusの“Dライン”とも呼ばれている背面デザイン。賛否両論あるようですが、私はDラインはiPhone 6/6 Plusの特徴のひとつですし、ダイヤモンドカットの部分が傷つきやすかったiPhone 5/5sよりも総合的にはよくなったと解釈しています。とはいえ、世界一の保護フィルム・ガラス情報サイトとしては、そろそろ背面の保護にも目を向けていきたいところ。iPhone 5/5sと同様に境目に空気が入ってしまうためツライチの透明ガラスでは保護できませんが、本体カラーに合った『Deff High Grade Glass Screen Protector』という着色ガラスのプロテクター製品があります。背面を下にして置くことを想定し、厚み0.33ミリ(シリコン層込みで0.55ミリ)の丈夫なガラスを採用。リンゴマークがキレイに顔を出すデザインなので、デザインを損なわずオシャレに背面を保護できるのが特徴。6 Plus用(シルバー)から貼ってみましょう。

Dラインを隠すガラスプロテクター
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑リンゴマーク部分は透明のガラスになっています。ここに指紋などを付けないように注意して貼りましょう。
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑Dラインをスッポリ覆うように貼ります。ツライチデザインのiPhone 6 Plusのできあがり。
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑フッ素コーティングで指紋が目立たなくなっていますが、ツルツル滑って落とさないよう、絶妙な加減となっております。多少ナナメっている場所に置いてスルスル→ガッシャーン事件も起きにくいです。
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑カメラ部分はくり抜かれています。
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑ケースには入る? 純正ケースで試してみましょう。
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑このくらいの厚みは大丈夫なようです。ただ、せっかく貼ったのに意味なくなりますが……。
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑カメラ部から貼ってあることはわかる……。

 続いてiPhone 6(4.7インチ)に貼ってみましょう。こちらはゴールドで試してみます。

Dラインを隠すガラスプロテクター
↑ゴールドモデルのDラインをこのツライチ野郎で隠してみます。
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑美しいフラットゴールドiPhone 6の完成。
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑いかがでしょうか? ガラスはそこまで厚くはないので、カメラ部は相変わらず出っ張りますが、安心感はずいぶん増すと思います。

 先程は純正ケースに入れてみましたが、それでは貼った意味がなくなっちゃいます。表面はもちろん裏面までプロテクトしたのに側面が無防備じゃモジモジしちゃうって人にはバンパーがおすすめ。『CLEAVE Hybrid Bumper for iPhone 6』まだiPhone 6用しか発表されていませんが同じメーカーDeffの製品なので背面ガラスプロテクターとの相性はムッチリバッチリです。

Dラインを隠すガラスプロテクター
↑背面ガラスプロテクターを貼ってバンパーを付けてみた状態。
Dラインを隠すガラスプロテクター
↑アルミとカーボンのハイブリッドバンパー。新方式Quick Lockシステムで道具不要で装着可能です。

 いじょ。iPadのゴールドモデルはたいへん美しかったですが、iPhone 6と6 Plusのゴールドもコレを貼るとiPadファミリーに仲間入りできるんじゃないでしょうか。

High Grade Glass Screen Protector for iPhone 6 背面ガラスプレート をアスキーストアで今すぐ購入する
アスキーストアで購入

High Grade Glass Screen Protector for iPhone 6 Plus 背面ガラスプレート をアスキーストアで今すぐ購入するアスキーストアで購入

CLEAVE Hybrid Bumper for iPhone 6 をアスキーストアで今すぐ購入するアスキーストアで購入

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!