2014年10月15日13時00分

美女の次は『シドニアの騎士』 秋葉原のG-Tune:Garageで本格ロボット体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
継衛発進体験装置

 今年、最もアツいアイテムは東京ゲームショウにも登場し、数々のイベントでも活用されているVRヘッドマウントディスプレーの『Oculus Rift』にほかならない。

 そのOculus Riftの最新版“DK2”を常設展示をしているマウスコンピューターのゲーミングブランドG-Tuneのダイレクトショップ“G-Tune:Garage 秋葉原本店”では、10月15日(水)から11月15日(土)までアニメ『シドニアの騎士』のVRコンテンツが体験できるようになった。

継衛発進体験装置

 ロボットアニメ大国に生まれた男子たるもの、一度は「巨大ロボに乗ってみたい!」という夢を抱いたことがあるはず。というわけで、閉店後の入れ替え作業にお邪魔して、いち早く体験させてもらった。

継衛発進体験装置

 G-Tune:Garage 秋葉原本店では、今年2月からOculus Riftの展示を始めて、これまで合計8本のVRコンテンツを展示してきた。今回、新たに追加したシドニアの騎士は“継衛(つぐもり)発進体験装置”という名前で、人型兵器“継衛”のコックピットに座って、宇宙船シドニアから宇宙に飛び立つシーンを体感できる内容だ。

 本作は過去に取材したアニメフェスタin所沢を皮切りに、アニ玉祭にも出展された注目作品だ。

 G-Tune:Garageでは、セクシー女優に会える『PLAYGIRLS』なども体験可能なので、“メカと美女”という2大ドリームを一気にかなえられる。

 継衛発進体験装置ではOculus Riftをかぶると、コックピットの中が視界に! 3DCGは、アニメ映像を手掛けたポリゴン・ピクチュアズから提供されたものなので、リアルさがヤバいです!

継衛発進体験装置
↑閉まっているハッチが開いて……。
継衛発進体験装置
↑手前から発進方向にランプがともっていく。
継衛発進体験装置
↑ヘッドホンには司令部からの通信音声が流れてくる。これもアニメ本編で使用されたもの。つまり、シドニアの世界に入って、主人公の谷風長道(たにかぜながて)の気持ちを体験できちゃうわけだ!
継衛発進体験装置
↑前ばかりみたいところですが、360×180度の映像なので、当然後ろもシートがある。
継衛発進体験装置
↑あたりを見回してる間にもう発進の時間が! 加速する映像を見てるだけで重力を感じるのが不思議。これぞVRヘッドマウントディスプレーのスゴさだ。
継衛発進体験装置
↑宇宙に放り出されると浮遊感を感じる。
継衛発進体験装置
↑僚機が先に行くところを眺めつつ……。
継衛発進体験装置
↑顔を右に向けると、そこには今飛び立ってきた宇宙船“シドニア”が。デカい!
継衛発進体験装置

 ……ってなところで体験は終了。しかし、映像と音があまりにリアルすぎるので、操縦桿を握りたくなるのが困ったところ。

継衛発進体験装置

 G-Tune:Garageでは、なんらかのコントローラーを置くとのこと。操作はできませんが、それでも手を置く場所があるだけでも全然体験の質が変わってきます。

継衛発進体験装置

 本来は映像に合わせてこんな感じで横に置けるといいんですけどね。3Dキャラと握手できる“MikuMikuAkushu”などで使われていた3次元触覚コントローラー『Novint Falcon』あたりとハンドルを組み合わせれば、もっとリアルに操縦できるようになるかも!?

 Oculus Riftは、ここ半年ほどでネットやテレビで頻繁に紹介されたり、4月の“ニコニコ超会議3”や9月の“東京ゲームショウ”などのイベントで 何度も展示されたこともあって、現在、知名度をぐいぐいあげている。

 何がスゴいかといえば、かぶると視界がCGや実写の映像に全部覆われてしまう点。コントローラーを使わず、頭を上下左右に振るだけでその方向に合わせて自然に映像を切り替えてくれるので、まるでバーチャルワールドに自分が入ってしまったような錯覚を覚える。

 ……とまぁ筆者もここ半年ぐらい何度もVRヘッドマウントディスプレーの素晴らしさを原稿で説いてきたわけだが、これが本当に文章だと全然伝わらない。写真や動画で見せても、「あっ、ナニコレやばい!」と直感的にわからないのだ。

 しかもOculus Riftはネット直販で開発者向けのみに提供しており、今注文しても届くのは6~8週間後。ゲーミングPCのように高性能なグラフィックカードが載っているパソコンで使わないと、映像がガタついてしまって著しく体験が劣化してしまうので、その点でも少しハードルが高い。

 そんなわけでOculus Riftのコンテンツを高性能なPCで常設展示しているG-Tune:Garageはかなり貴重。みなさまぜひ秋葉原にお立ちよりの際はぜひ未来をかぶりにG-Tune:Garageに行ってみるべし! 

●関連サイト
G-Tune:Garage公式サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp