2014年10月14日16時15分

新東芝レコーダーはサクサク動いて最大3TBの外付けHDDに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 東芝はレグザサーバー『DBR-T560』と『DBR-T550』を11月中旬、レグザブルーレイ『DBR-Z520』と『DBR-Z510』を10月24日に発売する。

REGZA

レグザサーバー(11月中旬発売予定)
●2TB『DBR-T560』予想実売価格 10万8000円前後
●1TB『DBR-T550』予想実売価格 9万1800円前後

おもな機能
●トリプルチューナー
●タイムシフトマシン
●ざんまいプレイ
●ブルーレイ

REGZA

レグザブルーレイ(10月24日発売予定)
●1TB『DBR-Z520』予想実売価格 7万5600円前後
●1TB『DBR-Z510』予想実売価格 6万4800円前後

おもな機能
●ダブルチューナー
●ブルーレイ

 両シリーズとも、番組表などの表示速度や再生時や編集時の描画速度が向上し、ストレスなく操作できるようになった。また、録画番組を「映画」、「スポーツ」、「アニメ」など、自動でジャンル別にフォルダー分けするようになった。

 新たに通常録画用として最大5TBの外付けHDDに対応し、さらに『T560』と『T550』ならタイムシフト録画容量も増やせる。たとえば『T560』の場合なら、タイムシフトマシン用HDD 3TBを接続して、最大3チャンネル、計39日ぶんの番組を録画できるようになるという。

 リモコンの「おまかせ」ボタンを押すだけで録画番組の本編だけを再生できたり、番組編集時に本編とそれ以外の場所に自動でチャプターを設定してくれる、東芝ならではの機能ももちろん搭載。「本編だけ」にこだわる人には最適だ。

 

■関連サイト
東芝 REGZA

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp