2014年10月11日09時00分

絶滅危惧種QWERTYキー搭載Androidスマホ NEC Terrain:週間リスキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

週間リスキーはアックン・オッペンハイマーが地下室からお届けする、一般の方には何の役にも立たない情報を扱うコーナーでして、「どこで売ってるの?」「コレが流行ってるの?」とか無垢な感想が届くと胸が痛むのでヤメテ。

 pocketgamesさんで、入荷しては瞬殺されている幻のスマホがあります(販売ページ←たぶん売り切れてます)。

NEC Terrain
NEC_Terrain
↑ サイズは64.5(W)×14.5(D)×127.5(H)mm、重量約173gとぽっちゃり系ですが、防塵仕様の頼もしいヤツ。

 米国のキャリアAT&Tが扱っているNEC製端末をアンロックしたSIMフリーモデルです。BlackBerryのようなストレートタイプのQWERTYキーボード搭載Androidスマホって、実は日本では出たことすらないんです。スライド式のはあったけど、ソレも今やすっかり見なくなりました。どーしてだと思います?

BlackBerryぽいQWERTキーを搭載
NEC_Terrain
↑押し心地もなかなかのQWERTYキーボードを搭載。米国のキャリアなのでキーボードの印字もスッキリ。

 理由は、みんなたちがiPhoneにしか騒がないからですね。いいんですよ、ここはリスキー。みんなたちにアナタたちは含まれておりません。まずは端末を隅々見てみましょう、別に新モデルでもないんですケド、いいんですここはリスキー。

背面
NEC_Terrain
↑フタをガゴンと外しますると出てくるバッテリーは1900mAh。駆動時間は、まぁフツーな感じかな。SIMはマイクロ、SDカードもこの中です。

 だば、“週アス比較三原則”に基づき、iPhoneの最新モデルと並べてみます。

iPhone 6と比較
NEC_Terrain
↑面積は小さいけど体積はありますな。
むしろ新鮮な厚み
NEC_Terrain
↑コレは無理矢理曲げてやろうなんて人、出てこないと思います。

 さて、この最大の特徴であるハードウェアキーボードですが、日本語入力には使えないとか書いたら即ブラウザー閉じるでしょ? まぁ、イケるんで大丈夫です。まず、端末自体の日本語化ですが、ICSなんでコレは超~ラク(Morelocale2を入れるだけ)。日本語入力はハードキー入力に対応したアプリを入れればオッケーです。

打ち心地もBlackBerry譲り
NEC_Terrain
↑細部に至ってはBlackBerryに一日の長がある感じですが、十分に打ちやすいです。防水なので濡れた手でも大丈夫。お風呂なうケータイすな。大事なトコ写しちゃダメよ。
日本語入力もオッケー
NEC_Terrain
↑ハードウェアキーに対応した日本語入力アプリを入れれば日本語もキーボードから入力できます。ATOKが相性いいですね。設定で“ハードキーボードを優先”にチェックを入れます。

 ただ、やはり日本語入力を想定して設計されていないので、たとえばTwitterやFacebookアプリから新規投稿するとき、一度画面をタップしないと日本語変換ができないみたい。方向キーや“戻る”“メニュー”キーもないので、何かと画面をタップする機会が多く、やはりそこはBlackBerryのほうがこなれている感じ、まぁアチラさんも絶滅危惧種ですが……。

一度タップすると 入力できるように
NEC_Terrain NEC_Terrain

 日本語化はラクなのですが、フォントが中華なんですよね。で、コレを綺麗な日本語フォントにするためにはrootを取らないとならない。しかし、rootは現状、テンポラリーでしかいけないみたいで、再起動するたび元に戻ってしまいます。

開発者モードはデフォルト
NEC_Terrain
↑最初からデベロッパーモードに入れるみたい。root作業の前に、お約束のUSBデバッギングをオンに。

 一時rootの取得~日本語フォント入れ替えに関してはcuda氏のホームページcuda's memo詳しく解説がありましたので、勝手に参考にさせていただきました。

再起動のたび再起動の必要あり
NEC_Terrain
↑一時rootなので、日本語フォントにしたあと電源を落とすと、元の中華フォントに戻ってしまいます。上記サイトを参考に、メモアプリにターミナルコマンドを残しておくと、これをコピペで実行でき、自動で再起動後、綺麗な日本語フォントに戻って便利です。まぁ、バッテリー切れないように頑張るのが一番ラクかな。

 無事、日本語化&フォント入れ替えを終え、しばらく使ってみた感想ですが、スマホをビューワーメインではなく、文字入力やコミュニケーションメインに活用されている方には、やはりハードキーの強みは大きいなぁと改めて思いました。ATOKの恩恵はもちろんありますが、誤字の少なさ、入力の早さ、なにより文字入力自体が億劫じゃない。まぁアタクシが一世代前のハタチなので、フリックのほうがいいもんねという人もいるとは思いますケド。内部スペックも、かろうじてLTEは積んでいるものの一世代前なので(デュアルコアの1.5GHzだし)、動作も時折緩慢に、それよりなによりメモリーっすね。

メモリーはちょと心細い
NEC_Terrain
↑メインメモリーが少ないんですよね……。使わないAT&Tのアプリとかはアップデータをアンインストールし、設定で無効するなどして容量を稼ぎたいところ。

 でもね、なんだか異様に気に入ってしまったの。巨乳好きでも急にスレンダーな女性に萌えることあるでしょ? そんな感じだと思います。いや、違うな。慈悲かな。自慰じゃないよ。

いろいろ手がかかるけどカワイイ
NEC_Terrain
↑一筋縄でいかないですが、チクチクと手をかけてやるとどんどん使いやすくなって、まさに“ツール”といった感じ。すぐ飽きるかもしれませんが、いまはiPhone 6よりも気に入っているワタクシでした。

 なお、幻のスマホとか書きましたが、アキバの海外端末を扱っているようなショップにも結構置いてある模様。通販では、ちょと高くなりますがAmazonやジャパエモさんなどで取り扱いあるほか、ヤフオクにもちょくちょく出品されるようです。まぁ、1万円台なら買いだと思いますよ、どうせメインにはしないでしょ? いずれにせよ、責任は取りません。

 いじょ。ここはリスキー。

週間リスキー

※著者および編集部は、技術基準適合証明(技適)を受けていない通信機器の利用を勧めるものではございません。通信機器は各国の法律に基づいて利用してください。各国の法律に反して利用しても、著者および編集部は一切責任を負いません。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!