2014年10月02日16時15分

MacBook AirにWindows 10テクニカルプレビュー版をインストールしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 既報の通り、次世代Windows『Windows10』のテクニカルプレビュー版のダウンロードが始まったので、早速MacBook AirのBootCamp(Windows8.1インストール済み)環境に入るかどうか試してみました。で、結果上書きインストールになっちゃいましたが入りましたよWindows10!

Windows10

 まずはテクニカルプレビュー版のISOイメージをダウンロード。ウェブサイトからマイクロソフトアカウントでサインしてダウンロードページにたどりつきます。

Windows10
Windows10
Windows10
Windows10
Windows10
Windows10

 ダウンロードページによれば、ダウンロードしたISOファイルをDVDやUSBメモリーに転送しなさいとのこと。そして、そのなかのsetup.exeをダブルクリックしなさいともあります。

Windows10

 日本語版はまだないので、英語版64bitを選択。上にはプロダクトキーが表示されますが、後述するインストール工程で入力することはありませんでした。

Windows10

 速い回線だと10分ぐらいでダウンロードが終わります。

Windows10

 ISOイメージがダウンロード完了。

Windows10

 USBメモリーにドラッグ&ドロップで転送します。

Windows10

 USBメモリーを見ると、setup.exeができてます。なんて賢い子!setup.exeをダブルクリックしましょう。

Windows10

 セットアップウィザードが始まります。

Windows10

 ピクチャーフォルダーなどのユーザーファイルを残すかどうかの設定です。“Keep personal files only”で残す設定にします。

Windows10
Windows10

 “OK”と“Refresh”を押して、次に進みます。

Windows10

 “Install”で上書きインストールを開始します。

Windows10 Windows10
Windows10 Windows10

 何回か再起動がかかりますが、そのたびにMac側が起動すると怖いので“option”キーを押して、ブートOSが選べるように待ち構えてました。

Windows10

 インストールが落ち着き、WiFiを選べと指示が出ました。

Windows10

 “Use express settings”を選択。

Windows10

 ここでマイクロソフトアカウントが求められます。

Windows10

 キーボードの設定もここで日本語配列を選べます。

Windows10

 セキュリティーの都合なのか、本人確認のコードを送るのでメールアドレスをくださいとの指示。

Windows10

 コードを受け取ったら入力。

Windows10

 OneDriveの説明。

Windows10

 いよいよWindows10のお出ましです。

Windows10

 やったー!入ったー!

 というわけで、所要時間はだいたい1時間程度で簡単に入りました。元のWindows8.1は消えてしまいましたが……。いまのところ、WiFiは有効でデバイスマネージャー上も特に注意マークついてませんが、輝度調整ボタンが使えないなどの問題も。8.1を使い慣れた僕にとっては右下ポインター移動でチャームが出ないのはちょっと不便。まあ、“command”(Windowsキーの代わり)+“C”で出せるので、いいんですが……。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!