2014年10月01日15時45分

iPhone6やiPadでも使えるマイクロソフトの『Office Premium』などが登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 マイクロソフトは、日本市場向けに最適化された個人向けの新しいOffice『Office Premium プラス Office 365サービス』、『Office 365 Solo』を2014年10月17日に発売する。

 『Office Premium プラス Office 365サービス』は、後述する『Surface Pro 3』のほか、パートナー各社のPCにプリンストールした状態で提供される。最新版のデスクトップアプリケーション版Officeのほか、クラウドサービスのOffice 365を1年間無償で利用可能。Office 365サービスの内訳は、容量1TBのOneDriveのストレージ、iPhoneやiPad、AndroidなどのマルチデバイスでのOffice製品の利用、Skype月間60分通話無料など。2年目以降については、年額5800円(税別)でOffice 365を継続利用できる。デスクトップアプリケーション版Officeについては、プリインストールされたマシンで常に最新バージョンを永続利用できる。

 『Office 365 Solo』は、Officeのデスクトップ版アプリケーション(Windows/Mac)とOffice 365サービスをセットにした1年ライセンスのサブスクリプションサービス。アップルストアやAmazon、ヨドバシカメラなどで発売される。価格は1万1800円(税抜)。契約期間内は常に最新バージョンのデスクトップ版アプリケーションを利用可能。Office 365のサービスに内容については、『Office Premium プラス Office 365サービス』と同じだ。

Surface Pro 3

 現在、発表会が開催されている会場ではマイクロソフトのナデラCEOが登壇。

Surface Pro 3

 12インチタブレット『Surface Pro 3』の一般向けモデルについて、価格据え置きのままOffice Premium搭載モデルを発表。予約は10月2日0時から、発売は10月17日、価格は10万円を切る9万1800円からとなる。

●関連サイト
マイクロソフト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

55人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp