2014年10月01日15時45分

iPhone6やiPadでも使えるマイクロソフトの『Office Premium』などが登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 マイクロソフトは、日本市場向けに最適化された個人向けの新しいOffice『Office Premium プラス Office 365サービス』、『Office 365 Solo』を2014年10月17日に発売する。

 『Office Premium プラス Office 365サービス』は、後述する『Surface Pro 3』のほか、パートナー各社のPCにプリンストールした状態で提供される。最新版のデスクトップアプリケーション版Officeのほか、クラウドサービスのOffice 365を1年間無償で利用可能。Office 365サービスの内訳は、容量1TBのOneDriveのストレージ、iPhoneやiPad、AndroidなどのマルチデバイスでのOffice製品の利用、Skype月間60分通話無料など。2年目以降については、年額5800円(税別)でOffice 365を継続利用できる。デスクトップアプリケーション版Officeについては、プリインストールされたマシンで常に最新バージョンを永続利用できる。

 『Office 365 Solo』は、Officeのデスクトップ版アプリケーション(Windows/Mac)とOffice 365サービスをセットにした1年ライセンスのサブスクリプションサービス。アップルストアやAmazon、ヨドバシカメラなどで発売される。価格は1万1800円(税抜)。契約期間内は常に最新バージョンのデスクトップ版アプリケーションを利用可能。Office 365のサービスに内容については、『Office Premium プラス Office 365サービス』と同じだ。

Surface Pro 3

 現在、発表会が開催されている会場ではマイクロソフトのナデラCEOが登壇。

Surface Pro 3

 12インチタブレット『Surface Pro 3』の一般向けモデルについて、価格据え置きのままOffice Premium搭載モデルを発表。予約は10月2日0時から、発売は10月17日、価格は10万円を切る9万1800円からとなる。

●関連サイト
マイクロソフト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!