2014年09月29日20時30分

ソニーが外付けHDDに録画可能な4K放送チューナーを発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
FMP-X7

 ソニーは4K放送の視聴や録画に対応したメディアプレーヤー『FMP-X7』を10月18日に発売する。予想実売価格は4万円。

 本製品はH.265/HEVC対応デコーダーとスカパー!プレミアムサービスチューナーを内蔵。別売りの124/128度CSデジタル放送アンテナと、HDCP2.2対応の4Kテレビを接続することで、4K試験放送『Channel 4K』や2015年3月に開局されるスカパー!プレミアム内の4K専門チャンネルの視聴が可能。

 また、4Kハンディーカムで撮影したWAVCS規格の4K動画の視聴や、別売りのハイレゾ対応スピーカーを接続することで、ハイレゾ音源の音楽ファイルの再生ができる。ハイレゾ音源はDSDには非対応。

 別売りの外付けHDDを接続することで、4K放送の録画も可能になる。

●関連サイト
FMP-X7製品サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking