2014年10月04日18時00分

iPhone6は家庭用ゲーム機を超える? iOS8で注目のMetal対応状況|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iOS8から対応する、アップルの新しい3Dグラフィック描写API「Metal」。その新技術の解説と、アプリ開発者が気になるUnreal Engine、Unity、Cocos2d-xの3つの主要ゲームエンジンでの対応状況についてまとめた。

iOS 8の新グラフィックAPI「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
iPhone6/6 Plusの発表となったアップルのスペシャルイベントでも「Metal」はフィーチャーされた

Unreal Engine、Unity、Cocos2d-Xとは?
 iOSでのゲームアプリなどを開発できる、ゲームエンジン(またはゲームフレームワーク)。マルチプラットフォーム対応で、iOS/Android/Windowsなど複数のデバイス向けに同時に開発できるのが特徴だ

A8の性能を最大限に引き出す、3DグラフィックAPI

 Metalは、さまざまなハードウェアに対応するOpenGLと違って、アップルのCPUに最適化されており、家庭用ゲーム機並みの描画を表示できるというAPI。iPhone5sなどが搭載するApple A7 はもちろん、iPhone6/6 Plusが搭載するA8の性能も最大限に引き出してくれるのが特徴だ。9月9日に行われたアップルのスペシャルイベントでは、スーパーエヴィルメガスコープス社の「VINE GLORY」がその技術を披露。米ゲームロフト社の「アスファルト8:Airborne」なども、アップデートでその技術に対応している。

iOS 8の新グラフィックAPI「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
iOS 8の新グラフィックAPI「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
3Dのグラフィックスを表示するには、OpenGLを使用するのが一般的。Metalはそのような汎用性のあるAPIと違って、アップルのCPUに最適化され超美麗なグラフィックを再現する
iOS 8の新API「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
iPhone 6/6 Plusで採用されている最新のApple A8は、CPUやGPUの性能がさらにアップ。電力の消費も効率よくなった。当然、Metalにおいても、その恩恵は期待できる
iOS 8の新API「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
iPhone6/6 Plus発表イベントで公開された「VINE GLORY」のデモより。これは独自に開発したゲームエンジン「E.V.I.L engine」を採用したMOBA(マルチプレイヤー オンラインバトル アリーナ)で、光の表現など3Dの美しい描写はMetalならでは
iOS 8の新API「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
ゲームロフト社の「アスファルト8:Airborne」など2作品がアップデートでMetalに対応。グラフィックとリアルタイムエフェクトが飛躍的に向上し、よりエキサイティングなプレーが楽しめるようになった

Unreal Engineの「Metal」対応状況

「Infinity Blade」など、美しいグラフィックのアプリ開発でおなじみの、エピック・ゲームズ社のUnreal Engine。エピック・ゲームズ・ジャパン代表の河崎高之氏にMetalへの対応について伺ってみたところ「Unreal Engine 4のサブスクリプション版では、バージョン4.5から使用できるようになっております」とのこと。

 すでにMetal技術を駆使した自社アプリ「Epic Zen Garden」をAppStoreでリリースしており、「Metalの機能により、非常に低いCPU負荷で、とても細かく描かれたシーンを作り出すことができます。これによって、数千個ものオブジェクトをワールド内に放り込んでも、高いフレームレートをキープすることが可能」(河崎氏)とのことだ。

 またOpenGL ESと比較すると、より少ないバッテリー消費となるようで、「Unreal Engine 4の高品質なグラフィックと非常に使いやすいツールセットにより、息をのむようなモバイル エクスペリエンスを生み出すことができる」とアピールした。

iOS 8の新API「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
iOS 8の新API「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
平穏と静けさに満ちた庭園を散策し、さまざまなインタラクティブ要素を体験することができる 「Epic Zen Garden」。桜の木の枝をタッチすると、花を咲かせることも可能だ

Unityの「Metal」対応状況

 iPhoneやAndroidなど、さまざまなスマホアプリの統合開発環境ツールとしておなじみの「Unity」。

 ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン日本担当ディレクターの大前弘樹氏によると、「近くリリースされる新バージョンのUnity 5.0で、Metalでのレンダリングをサポートする」とのこと。Metalの効果でドローコールのオーバーヘッドが劇的に減るようで、たくさんの描画を行うことができるようになる。

 そのほか、「私たちのテストでは、これまではAPIとドライバーによるオーバーヘッドはCPUタイムの15~40%かかっていたのが、Metalの効果でほんの数%にまで減りました。これはつまり、同じ負荷でより高精細に描けるということです」(大前氏)と、Metal技術のメリットは大きいようだ。

iOS 8の新API「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
MetalはUnity 5.0でサポートするとのこと。リリース時期は現状未定だが、すでに予約スタート

Cocos2d-xの「Metal」対応状況

 最後に、2Dのスマホアプリ開発でおなじみのフレームワーク「Cocos2d-x」。開発元のチュコンテクノロジーズのZhe Wang氏によると「2015年に、Metalに対応する予定」とのこと。詳しい時期や導入方法については未定だが、こちらも期待できそうだ。

iOS 8の新API「Metal」の特徴と、各ゲームエンジンの対応状況
Cocos2d-xでは2015年にMetal対応予定。ウェブサイトなどで続報を待とう

 さて、9月29日発売予定の『MacPeople 11月号』の第1特集「iPhone 6/6 Plusの全貌」では、新型iPhoneのハードウェアや新機能、iOS 8の利用ガイド、さらにはApple Watch、Apple Payといったアップルの新ビジネスまで、100ページ近い大ボリュームで紹介。iPhone 6/6 Plusを既に買った人にも、これから購入を考えている人にも、きっと役に立つこと間違いなしだ。

141001_moro_1toku_2
141001_moro_1toku_2

 また、第2特集の「サーバーアプリを作ろう」では、手軽にサーバーを導入できる「MBaaS」サービスについて解説。サーバー選びの基本からサービス徹底比較、いますぐ始められるサーバー実装入門まで盛りだくさんの内容でお届け。そのほか「3時間でUnity」「Cocos2d-xプログラミング講座」などのアプリ開発者のための連載もあるので、お楽しみに。

MacPeople11月号はiPhone6とiOS8大特集
MacPeople2014年11月号
Amazonで購入は表紙をクリック

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

54人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp