2014年09月27日09時00分

第1回チキチキ iPhone 6用フィルム 最も幅を攻めているのはどれだ?選手権

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 こんにちは、保護フィルムの貼り付けスピードと貼った台数で近々ギネス申請予定のアックン・オッペンハイマーでございます。ラウンド液晶を採用したため、画面全体にフィルムを貼れなくなったiPhone 6。量販店のアクセサリー売り場に行くと、腰抜かすほどたくさん商品が置いてあって、もうどれを選んでいいかわからないですよねぇ? ハッキリ言って運ですよ運。

 なぜなら、これらはいずれも実機に貼られず販売されたモノだから。それはね、もう仕方ないことと思います、競争社会ですから。iPhoneの発売直後に店頭に並べるには、どうしてもそうなってしまう。よってもう少しすれば完璧なフィルムが出てくると思いますし、技術が進んで全面に貼れるなんてこともあるかもしれません。

 現時点での選び方としては、やはりメーカーで見極めることだと思います。ビザビはPDA時代からの保護フィルムの老舗ですから、さすが目が利くわけで非常にクオリティーの高いiPhone 6、6 Plus用のフィルムを販売されています。これを基準に、某Yバシカメラでいま手に入るモノを片っ端から買って比較してみました。

某量販でオトナ買い
iPhoneFilm
↑種類(光沢かアンチグレアかとかね)によって抜き型が変わるメーカーもないと思うので、とりあえずメーカーで。でも厚みが大きく変わるのは買いました。

 今回、まずガラスよりフィルムをオススメしているのは、やはりiPhoneの形状が理由です。全体に丸みを帯びたデザインなので、液晶幅しか覆えないガラスを貼ると見栄え的にかっこ悪い。といって薄いものを貼っても、端がスグ欠けてきてしまうと思います。フィルムにも厚い薄いはありますが、いずれにせよガラスほどはありません。光沢やアンチグレアー(AG)と種類がありますが、全体を覆えないのでAGだとやはりかっこ悪い。よって個人的に今回は、ぜひ光沢タイプをお選びいただきたく思います。

 そして、何より重要なのが抜き型。iPhone 6用フィルムは幅が足りてなくてクレーム騒ぎになっているメーカーもあるとかないとか言われていますが、幅はぶっちゃけ、どこも足りてないハズ。ポイントは“どこまで迫っているか”です。もちろん、やり過ぎれば今度は端が浮いてしまうわけで、iPhone発売前にここを決定するのはいわば“賭け”みたいなモノ。「浮くよりは足りないほうが…」というのが、ぶっちゃけメーカーの本音と思います。だいぶ昔の話になりますが、NEXUS Sも湾曲した液晶のため保護フィルムメーカーを困らせたものです、まぁ“ごく一部の”ですが。NEXUS Sのときは、本体のほうに僅かな個体差があったんですよね。iPhone 6もロットによってそんなことがあるかもかもしれない、その辺りもまた賭けの要素に入ってきます。

合わせてみましょう
iPhoneFilm
↑これより幅を攻めていない(大きくない)ものは、まず除外。するとどうでしょう、実に9割以上が貼る前にゴミ箱行きに。いや実際に捨てませんケド。
2社ほどありました
iPhoneFilm
↑あくまでYバシさんでたまたまそのとき売っていたやつの中からというハナシになりますが、トリニティのsimplismシリーズ、ナカバヤシのDigio2シリーズの2社が、ほぼ同寸でビザビのより横幅がありました。しかし、もちろん貼って浮いたらアウトなわけです。ほな……。

Simplism TR-PFIP144-BLCC

↑いくつか種類ありますが、オーソドックスな光沢タイプのモノです。オススメ。

NAKABAYASHI SMF-IP141FLST

↑0.1ミリと薄くて存在感なく、こちらもいい感じ。

simplismは超〜貼りやすい
iPhoneFilm
↑耳がついてて、ここでテンション保ちながらアプローチできるんですね。マニアはそんなんいらん! て言うかもしれませんが、何だよフィルムマニアって……あ、あてしか。
0.05ミリはちょと高難度
iPhoneFilm
↑simplismには極薄の0.05ミリバージョンがあるのですが、たいへん薄いので第2シートをはがした後、貼り直しやホコリ除去は困難です。できなくもないですが、サランラップを気泡入れずまな板に貼るような感じになります。なので、この段階でパーフェクト(位置とホコリね)が求められます。

Simplism TR-PFIP144-UTCC

↑ナカバヤシDigio2のさらに半分、フィルム界のサガミオリジナルすな。

 双方とも貼った結果は……。

幅オーライですたっ!
iPhoneFilm
↑ちゃんと浮きません! よ〜く見ればやはり幅いっぱいには足りてないのですが、実際の表示域は覆っていますし、とくに0.05ミリのは薄いのでほとんど気にならない、もう何も貼ってないに等しいです。
ただ強度に難ありかも
iPhoneFilm
↑薄いぶん液晶の硬さがダイレクトに伝わってくるので、感触もいい0.05ミリですが、やはり耐性は落ちそう。落とした際の割れる割れないに差は出ないでしょうが、表面ですね。1日ほどでなんの痕なのかちょと?なのですが、線傷が認められました。まぁよ〜く見ないとわかりませんが、気になるという方はキズ修復タイプとかもあるので、そちらを選びましょう。

Simplism TR-PFIP144-FRCC

↑キズ修復タイプ。光沢仕様なので見栄えに影響はありません。

 ちなみに大きいほうのiPhone 6 Plusも、Simplismが最も攻めてました。Digio2は現状、5.5インチ向けはラインアップしてない模様。こちらも同じく種類ありますが、0.05ミリはPlusには向かないような気がします。オススメはコチラ。

 いじょ。現時点でのハナシね。今日では全メーカーさんがiPhone 6を買われたと思いますので(そう考えるとそれもスゴイことだな)、完成度を高めた第2弾を展開しないわけがありません。第2回をやるかどうかは、私の体調と気分次第です。

【2014年10月2日20時追記】
 Digio2の5.5インチ向けも発売していました。こちらもSimplismとほぼ同幅。問題なく貼れました。

Digio2の5.5インチ用 三宅さんのに貼ったら
chikichiki01 chikichiki01
↑Yバシさんで626円でした。 ↑喜びの笑顔プライスレス。
週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!