2014年09月21日22時00分

Android版iPhone6答え合わせ:週間リスキー

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

週間リスキーはアックン・オッペンハイマーが地下室からお送りする、どーでもいい情報のみ扱うコーナーです。iPhoneの検索ワードが引っかかり、たまたま来てしまった方、再びGoogleなりYahoo!なりへ戻ってインターネットの大海原へ船を漕ぎ出さないと後悔するナリ。

 年々新型iPhoneのリークは確度を上げているというか、なんちゅーかほんちゅーか大胆になってきておりますな。生産数も上がっているから、なかなかカンペキな管理も難しいと思いますが、コピー品が先に販売されているような事態は前代未聞でした。リスキーではコイツを日本語化したりして遊んで総スカン食らっていたわけですが、果たしてコチラのニセモン、モノホン具合はいかがなものだったかという、どーでもいいお話しでございます。でも、次回の参考になるかもしれませんからね。しかし、あてし思いっきり「5.5インチは存在しない」って言ってしまったため、立場がますます危うくなり、ヒロに罵られ水ぶっかけられました。

 まぁ、まずはモノホンから見ておくんなまし、まだ手にされてない方も多いでしょうから。てか、手にしててこんなとこ読んでたらおかしい。ちゃんとiPhoneで遊んであげて。

本物を見たときの感想
ChinaPhone6
↑同じカタチでも全然別モノって思いましたよね。素材が違いますからね。そして5.5インチが実在し、私は再び地下の倉庫へ……。
完成度高すぎの純正ケース
ChinaPhone6
↑これはシリコンのほうなんですが、それにしても完成度が高い。レザーより汚れにくくていいのでは? 先のリスキーで純正ぽいケースを紹介しましたが、大ハズレでしたな。

 したらば、リスキーでしかやらん比較をば。どーでもいい比較をば。まんずは……。

スペースグレイを比較
ChinaPhone6
↑モノホンが右……とか左とか、いちいち書かなくてもいいですか? わかりますよね? ツライチ感がハンパないんです。
ChinaPhone6
↑アルミとプラスチックの違い以上に、色が大ハズレすな。でも賛否あるDラインはそのままでした。
ゴールド
ChinaPhone6
↑リンゴマークはステンレス製なんですよね。内部からはめ込まれているんですが、アルミとのつなぎ目がまったくない。恐るべし技術。もちろんモノホンのハナシでっせ。
大きさは… ボタン類は…
ChinaPhone6 ChinaPhone6
↑てっぺん比較。Android野郎のほうがちょっとデカイ気がします。 ↑ボリュームキーの掘りの形状がちょと違う。あとニセモンはスライドスイッチの精度がアカン。
右側面は…
ChinaPhone6
↑ナノSIMまで再現していましたからな。SIMトレイとの一体感が違いますな。
カメラ周りは…
ChinaPhone6
↑形状は見よう見まねで、性能は段違いなのですが。
純正ケースが入らない…
ChinaPhone6
↑ニセモンはやはりちょと大きかったですな。でも、ニセモンがピッタリだったケースはモノホンも入るわけで、わざとちょと大きくしてたりするのかな。

 いじょ。オチなんてありまへんがな、ようつくりましたなって感じ。そろそろApple WATCHも店先に並ぶのかしら……。あ、買いませんよ? もう、リスキー今年ピンチなんですわぁ。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking