2014年09月17日22時00分

iOS 8にアップデートする前に、iPhoneをバックアップしておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhoneのOSであるiOSの最新版「iOS 8」の配布がスタートします。配布日は米国での17日とされていますが、日本での18日午前2時あたりが濃厚と言われています。

 iOSのアップデートは、iPhoneから直接実行できます。ただし、iOS 7が登場したときには、アップデート後にiPhone内の写真が消えてしまったといった報告がされるなど、アップデートによるトラブルも起こっています。

 そのため、アップデート前には、iPhoneのデータをバックアップしておきましょう。バックアップの方法は大きく分けて2つ用意されています。

iCloudにバックアップ

 iPhoneだけで実行できるのが、iCloudのストレージにバックアップする方法。「設定」アプリの「iCloud」から実行すればOKです。ただし、無料版では容量が少ないために、バックアップできないこともあります。その際は容量を購入してストレージを増やす必要があります。

1:「iCloud」を開く 2:バックアップ設定へ
20140920_arai_iphonebackup 20140920_arai_iphonebackup
「設定」アプリを起動したら、[iCloud]をタップします 「iCloud」が開いたら、下方にある[ストレージとバックアップ]をタップ
3:バックアップをオンに 4:バックアップを作成
20140920_arai_iphonebackup 20140920_arai_iphonebackup
「iCloudバックアップ」をオンすれば、自動的にバックアップされます [今すぐバックアップを作成]をタップすると、個別にバックアップできます

パソコンにバックアップ

 おすすめなのが、パソコンにバックアップする方法です。iPhoneをパソコンに接続すれば、基本的には自動的にバックアップされます。ただし、自動バックアップの場合は、iPhoneとパソコンを接続するたびに、データが上書きされてしまいます。確実にバックアップデータを残しておきたい場合は、iTunesのサイドバーに表示されたiPhoneを右クリックして[バックアップ]を選びましょう。個別にバックアップデータが出来上がります。

 こうして個別に作成したバックアップデータは、あとで呼び出して復元することも可能です。例えばiPhone上のデータが消えてしまったときに、以前のバックアップした状態にすることでデータを取り戻すことができるわけです。なお、iPhoneとパソコンを同期するためのアプリであるiTunesは、最新版にしておきましょう。

自動的にバックアップ
20140920_arai_iphonebackup
iPhoneとパソコンを接続すれば、自動的にバックアップ作業がはじまります。はじめてバックアップするときには、かなりの時間がかかります
手動でバックアップ
20140920_arai_iphonebackup
iOSのアップデート前は手動でのバックアップがおすすめです。サイドバーのiPhoneを右クリックして[バックアップ]を選ぶか、「概要」タブにある[今すぐバックアップ]ボタンを押しましょう

 iOS 8はもちろん、最新のiPhone 6/6 Plusの情報を網羅したムック「iPhone 6/6 Plusがわかる本」が発売されます。これからiPhoneを使う人も、もっと使いこなしたいという人も、是非お買い求めください。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!