2014年09月08日17時45分

テスラモーターズの天才経営者イーロン・マスク来日「日本の心がテスラSに組み込まれている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2014年9月8日、電気自動車会社テスラモーターズを導く共同創業者イーロン・マスクCEOが来日。ダッシュボードに17インチディスプレーを備える『テスラ モデルS』を日本で納車開始し、六本木に設置される日本初の急速充電ステーション“テスラ スーパーチャージャー”公開に際し、日本の記者の前に姿を見せた。なお標準価格は823万円から、今回納車された9台はカスタマイズで入ってるので価格はバラバラとのこと。

テスラモーターズ、イーロン・マスクCEOが来日

 イーロン・マスクCEOは「モデルSのバッテリーはすべて日本製。どこで流通しているものでもすべて。バッテリーは電気自動車の心臓部。日本の心がテスラSに組み込まれている」と語る。日本への納品が遅れた理由については、右ハンドルにしないといけなかった点と、日本語対応が必要だったこととし、この2つの作業が終わったことで納車が始められたとしている。また、スーパーチャージャーが最初に使える状態にしたかった点を強調した。パナソニックが戦略的パートナーを務める。

 モデルSの特徴について、「常時ソフトウェアが更新されているのがモデルSの素晴らしいところ。ナビは2~3カ月のうちにアップデートされる。日本語版マップもつく」と、機能も随時追加される予定だ。

テスラモーターズ、イーロン・マスクCEOが来日

 ちなみに発表会の前日、イーロン・マスクCEOは“ラーメン二郎 歌舞伎町店”に来店する様子をツイッターで公開しています。すきやばし次郎と間違えていないか若干不安ですが、次はぜひ三田本店にテスラで乗りつけてほしいです。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!