2014年09月05日13時00分

iPhoneやXperiaのサウンドを450Wの超ハイパワーで再生するソニーのオーディオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

『MHC-V3』
予想実売価格:4万1000円前後
10月18日発売予定
 

iPhoneの音を450Wの重低音で鳴らせるソニースピーカー

 ソニーが「らしからぬ」個性的なハイパワーオーディオを発表。重低音バリバリの最大出力450ワット。ライブ会場で感じるような音圧が体感できる。ドラムの周波数に合わせて青色LEDが点滅するのもライブ会場の雰囲気だ。CD、FM、USBに加えてBluetoothやNFCによる再生も可能。CDをUSBに録音することもできる。

iPhoneの音を450Wの重低音で鳴らせるソニースピーカー

 中央のターンテーブルを回すと、DJのようなエフェクトが3種類楽しめる。

 ジュリアナを知ってる一軒家に住むそこのアナタはマストバイです! マンションに住んでいるアナタも、低音を抑えめにする「BASS CUT」機能があるのでご安心を。

●主なスペック
アンプ部 フロント 110W+110W / サブウーファー 230W
対応ビットレート MP3/WMA(USBポート)
対応プロファイル A2DP、AVRCP
対応コーデック SBC、AAC
ラジオ FM
インターフェース USB、ウォークマン用端子、RCA端子
サイズ/重量 約280(W)×786(D)×280(H)mm/約13kg

 

『CMT-SBT40』
予想実売価格:2万1500円前後
10月18日発売予定
 

iPhoneの音を450Wの重低音で鳴らせるソニースピーカー

 エントリーモデルの3BOXタイプコンポ。Bluetooth、NFC、CD、ラジオ、USB再生に対応。CDだけでなくラジオもUSBやウォークマンに録音できる。

iPhoneの音を450Wの重低音で鳴らせるソニースピーカー

 スピーカーは横に置いてフラットに使うこともできる。

●主なスペック
アンプ部 25W+25W
対応ビットレート MP3/WMA(USBポート)
対応プロファイル A2DP、AVRCP
対応コーデック SBC
ラジオ FM/AM
インターフェース USB、ウォークマン用端子、ステレオミニジャック
サイズ/重量 約170(W)×222(D)×132.5(H)mm/約1.4kg

 

『CMT-X3CD』
予想実売価格:2万500円前後
10月18日発売予定

iPhoneの音を450Wの重低音で鳴らせるソニースピーカー
iPhoneの音を450Wの重低音で鳴らせるソニースピーカー

 中身は『CMT-SBT40』とまったく同じで、こちらは1BOXタイプ。ワット数のみ異なる。

●主なスペック
アンプ部 10W+10W
対応ビットレート MP3/WMA(USBポート)
対応プロファイル A2DP、AVRCP
対応コーデック SBC
ラジオ FM/AM
インターフェース USB、ウォークマン用端子、ステレオミニジャック
サイズ/重量 約340(W)×90(D)×173(H)mm/約2.3kg

■関連サイト
ソニー

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!