2014年09月02日07時00分

iPhone6の画面サイズが4.7と5.5インチというのがわからない by遠藤諭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 週刊アスキー本誌では、角川アスキー総合研究所・遠藤諭による『神は雲の中にあられる』が好評連載中です。この連載の中で、とくに週アスPLUSの読者の皆様にご覧いただきたい記事を不定期に転載いたします。

文具とパソコンの話

 目下、全国のiPhoneラバーたちの最大のテーマは、2種類あるというiPhone6の“4.7インチと5.5インチの画面サイズのどちらのモデルを買うか?”らしい。これって毎年恒例のこととなっていくのか? 1年前の『iPhone5s』と『iPhone5c』では、“c”は廉価版だったから迷いはなかった。今回は、画面サイズが大きい5.5インチ版が“上位モデル”と考えるのが順当だが、図1のグラフを見ていただきたい。

iPhone6 画面サイズ
出典 角川アスキー総研『メディア・ライフスタイル調査 2014』(n=1万73)

 これは、角川アスキー総研のアンケート調査で“iPhone利用者が今後買いたいスマホの画面サイズ”を集計したものだ。いちばん多いのが現行iPhone5s/cと同じ4インチの20.7%(iPhone4S以前の3.5インチのユーザーも多いからでしょうね)。ところが、4.5インチ~5インチを合計すると9.7%、4.5~6インチ合計では11.3%となり、現行と同じ4インチの半数以上の数値となるのだった(複数選択のため単純合計より数値は少ない)。アップルが、iPhone6で大画面化をせざるをえないと考えるのもわかる結果といえる。しかし、5.5インチはいささか大きすぎないだろうかという気もする。

iPhone6 画面サイズ
出典 角川アスキー総研『メディア・ライフスタイル調査 2014』(n=1万73)

 図2は、“Android利用者が買いたいスマホの画面サイズ”である。Androidでは、5インチがすでに人気機種となっているわけだが、4インチと5インチはほぼ同じ人気。iPhoneも今後はこちらに向かうと考えるのはわかる話だ。ただし、大画面化が進むAndroidも6インチは3.5%、iPhoneでは2.1%しか欲しい人がいない。

 こう眺めてくると、アップルはiPhone6をなぜ現行と同じ4インチで発売しないのだろうか? という気がしてくる(旧モデルの併売も考えられるが)。そして、5.5インチのiPhone6って、高級かつオシャレなiPhone最上位機種として妥当なのだろうか? という疑問もわいてくる。

 というよりも、大画面のニーズはあるのだが、手のひらにすっぽりおさまる端末でこそイノベーションは起こるはずだったのではないか? その意味では、現行の4インチはすでに間違った方向に歩みはじめていて、本当は4Sまでの3.5インチ(=マクドナルドのハンバーガーの直径やフロッピーディスクの大きさ)が理想なのだ。Androidは、“iPhoneにないものとして大画面化”したのであって、そこでは違った可能性が模索されている。

 アップルの製品では複数の試作品がつくられているというお話は今までもあった。2インチ台の画面サイズの“iPhone mini”とか、9.7インチより大きな“デカiPad”などのウワサがありました。個人的には、iOS8とYosemiteの連携機能やホーム/ヘルスキット、システム拡張性拡大などとても気になるタイミングでの製品になるのだが、はたしてiPhone6、どんな画面と仕様で発売されるのか?

iPhone6 画面サイズ
↑ちなみにこれは本誌副編ACCNが中国で入手してきたニセiPhone6(中央)。右が本物のiPhone5sで、左が5.5インチのモックだとか。

【筆者近況】
遠藤諭(えんどう さとし)
株式会社角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員。元『月刊アスキー』編集長。元“東京おとなクラブ”主宰。コミケから出版社取締役まで経験。現在は、ネット時代のライフスタイルに関しての分析・コンサルティングを企業に提供し、高い評価を得ているほか、デジタルやメディアに関するトレンド解説や執筆・講演などで活動。関連する委員会やイベント等での委員・審査員なども務める。著書に『ソーシャルネイティブの時代』(アスキー新書)など多数。『週刊アスキー』巻末で“神は雲の中にあられる”を連載中。
■関連サイト
・Twitter:@hortense667
・Facebook:遠藤諭


 なお、今回の内容は好評発売中の最新号『週刊アスキー9/16号 No994』の“神は雲の中にあられる(第89回)”の内容を抜粋したものです。本誌にはより細かい考察などが掲載されておりますので、来るiPhone6発表の予習をされたい方は、ぜひお近くの書店、コンビニ、売店やAmazon、各電子書籍ストアでご購入ください!

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらの表紙をクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!