2014年08月30日21時00分

Android版iPhone6を日本語化:週間リスキー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 極秘任務のため、地下の倉庫を抜け出し中国におりますHIRO and ASUKAの片割れことACCNです。旅の序盤、山根博士にご同行いただいており、すでにレポートが上がっていますが、中国では勝手にひと足早いiPhone 6フィーバー状態。次期iPhoneは9月9日その全貌が明らかになるわけですが、ケースやガラスといった周辺機器、本体モックはもちろん、4.7インチのそっくりAndroidさんまで売られている始末。博士曰く、こんなものはもう誰も買わないそうです。賞味期限も迫っておりますからクオリティーもそこそこ、投げ売り状態。ケースやガラスも実機で使えるかどうかわかりません。

妄想によるパッケージ
Android_iPhone6
↑4.7インチのiPhone6妄想Android端末のパッケージ。結構雑です。糊で手作業する姿が脳裏に浮かぶわ……。
独自性の低い中身
Android_iPhone6
↑Lightningケーブル状の独自ケーブルとACアダプターとイヤホン。
カラーは3色
Android_iPhone6
↑iPhone 5sと同じラインアップです。
お背中
Android_iPhone6
↑なんかすっかり見慣れた感じですが、ツートンになるというウワサもありますね。もっと全然違ったら愉快。
5.5インチのモックと並べてみた
Android_iPhone6
↑この比較もさんざん目にしているでしょうけど。一番右のiPhone 5sは背面にガラスが貼ってあります。
重ねてみます ケースもたくさん売っていました
Android_iPhone6 Android_iPhone6
↑出たとき薄いと感じたiPhone 5がもはやぼったい感じ。 ↑iPhone 6(4.7インチ)用とされるケースも様々な種類のモノが売られていました。
純正ぽいヤツ ソフト内側
Android_iPhone6 Android_iPhone6
↑ロゴ部分がくりぬかれてますが、それ以外は質感などiPhone 5用のアップル純正ケースに似ています。 ↑傷つかなそうでいいですよね。コレが一番まともでした。使えるかわかりませんが……。
ロゴ位置が合わない… 質感はいい
Android_iPhone6 Android_iPhone6
↑いずれのケースもAndroid版iPhone 6にピッタリ……でしたが、ロゴの位置が合っていませんね。どっちが悪いのか、どっちも悪いのか……。 ↑ちなみにこのメーカー、iPhone 5用の同型ケースもつくっており、コチラはコピーレベルでした。
ガラスも売ってた 大きさ比較
Android_iPhone6 Android_iPhone6
↑ガラスプロテクターは4.7インチ、5.5インチ両方ともありました。ウワサ通り次期iPhoneにサファイアガラスが採用された場合は、ガラスを貼る必要はありません。 ↑いずれも液晶のエッジがラウンド状になることを想定した形状になっております。4.7用は何種類かありました。
表示幅しか覆わない SIMはナノなの
Android_iPhone6 Android_iPhone6
↑4.7用も5.5用もAndroid版iPhone 6およびモックには貼れました。ただ、非常にマージンが広く見た目によくありません。フロントカメラにエッジがかかってしまうものもあり、やはり実機で試してない商品は信用できませんな。 ↑Android版iPhone 6の実機にハナシを戻しますわ。SIMはナノSIM、ここはむしろ気を利かせて汎用的なのにしてほしかった?
iOSの皮をかぶったAndroid
Android_iPhone6
↑結構細かく翻訳(?)されております、ご苦労様です。AssistiveTouchはデフォルトでオンになっており、これをオフるとかなり運用が困難になる仕様です。
日本語化はできる? まずは開発者モードへ
Android_iPhone6 Android_iPhone6
↑App Storeという名のGoogle PlayからMorelocaleをゲット。Japaneseは選ぶと、パーミッション云々てなるパターンです。 ↑と思ったら、デフォルトでそうなってました。たまたまかも。
Lightningふうケーブルで接続 無事日本語化だん
Android_iPhone6 Android_iPhone6
↑なお、アップル純正のケーブルとは互換性ありませんでした。断線したら終了。 ↑リスキーでは、もう100万回くらいやっているので省きますが、コマンドプロンプトでパーミッションを与えればオッケーです(要SDK)。
あんま日本語化されてない
Android_iPhone6
↑独自のネーミングにしてるからですね。「ウェザー」は本来、「天気」ね。そこはかとなく違和感あるのは540×960ドットのせいかしら。あと、今どきデュアルコアなのでカクカクですわよ加來さんや。
設定も英語のまま
Android_iPhone6
↑まぁそうですよね……。
指紋認証?
Android_iPhone6
↑Touch ID的なモノはないんですが、オプションはオフでない謎。
いずれにせよ使い物になりません
Android_iPhone6
↑メニュー出すのにAssistiveTouchから4タップですよ、泣きます。
もちろん買ってはいけません
Android_iPhone6
↑本体はパッと見、まぁまぁなのですが、ボタンはベコベコ、中身もかなり雑な感じです。まぁ火の着くモックくらいの感覚で。

 いじょ。まぁ中国人の気の早さったらないですね。街でもiPhoneユーザーはヨーロッパとは比べものにならないほど多いですし、ホント大好きなんですね。ちなみに現地の商人の方は、パーツの流出具合から見て5.5インチ版のiPhone 6は同時ではない(もしくは存在しない)という意見が多いようです。私もそう。

 さてさて全世界が全裸で注目する9月9日。私もイトーくんのあとついて現地へ飛びますよ、一応服は着て。リスキーなんていいから、アスキーの全力を尽くしたレポートにどうぞご期待くだされ。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!