2014年09月02日18時00分

新旧のMacBook Pro Retinaには性能にどれくらい差があるのか?|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新MacBook Pro Retinaの実力

140829_moro_mbpr_

 6月末にリリースされたMacBook Airに続き、7月末にMacBook Pro Retinaがマイナーアップデートを遂げた。全てのモデルでCPUが「Haswell Refresh」に更新され、いずれも旧モデルより動作速度が200MHz向上したほかは、一部のモデルで値下げやメインメモリーが増量された程度で、それ以外のスペックに変化はない。果たして旧モデルと比べてどれくらい性能が上がったのだろうか?

 MacPeople編集部では、新旧のMacBook Pro Retinaでベンチマークテストを実施。テストには、旧モデル(Late 2013)と新モデル(Mid 2014)の13インチおよび15インチの最上位モデルを仕様。メモリー容量は13インチが8GB、15インチが16GBだ。なお、新旧の15インチモデルが搭載する独立GPUはいずれも「GeForce GT 750M」で、ビデオメモリー容量も同じ2GBだ。

●MacBook Pro Retinaベンチマークテスト
140829_moro_mbpr_
140829_moro_mbpr_

 上の4つのグラフからわかるように、いずれのテストもほぼクロック周波数の差に応じて、新モデルが若干速いという結果になった。旧モデルのCPUがHaswellであるのに対し、新モデルはHaswell Refreshという新バージョンになったような印象を受けるが、実際にはHaswellと同Refreshは構造的にはまったく同じで、クロック周波数が異なるだけのリネーム版に過ぎない。従って、上のテスト結果は予想どおりと言える。
 

●インテルCPUのリリース予定
140829_moro_mbpr_

 では、MacBook Pro Retinaの次のメジャーアップデートはいつだろうか? そのカギを握るのは、今後リリースされるインテル製CPUだ。今年末以降からHaswellの次の世代となる14nmプロセスの「Broadwell」シリーズが登場するが、このうち年内にリリースされるのは主にモバイル端末向けの「Core M」(Broadwell-Y)のみ(上図)。

 一方、MacBook Proシリーズに搭載されるであろう次世代Core iプロセッサー(Broadwell-H)が登場するのは、来年以降となる見込みだ。このため、本格的なモデルチェンジは来年のWWDC以降となると推測される。

 


 さて、MacPeople 10月号(8月29日発売)では、モバイルゲーム開発の新潮流になること必至の「Unreal Engine 4」を32Pにわたって総力特集しています。そのほか、Macでアプリ開発を考えている人のための情報をまとめた「アプリ開発はじめの一歩」、たった3つの方法で収益をアップさせる「アプリのダウンロードを増やす方法」などの盛りだくさんの内容を掲載しています。ぜひお手に取ってみてくだださい。

MacPeople10月号はUnreal Engine 4大特集
MacPeople2014年10月号
Amazonで購入は表紙をクリック

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!