2014年08月31日18時00分

iOSアプリ開発を始めたいんだけどどのMac使えばいいの?|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iOS/OS Xアプリの開発に必要なもの

140829_moro_xcode

 アプリ開発というと何だか構えてしまう人もいると思いますが、最低限、Macが1台あれば開発は可能です。Macといっても、下はMacBook Airの11インチモデルから上はMac Proまで、処理性能や価格の幅がありますね。しかし実は、現行モデルあるいは一世代前のモデルであれば、11インチのMacBook Airでも大丈夫なんです。

 「えっ、Airだとビルドとかに時間がかかってしょうがないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、そうとも限りません。ちなみにビルドとは、プログラミングしたコードをアプリの形式に変換する処理のことです。論より証拠。まずは下のグラフを見てください。

140829_moro_xcode

 このグラフは、「Cocos2d」というフレームワークを使った2Dゲームのビルドにかかった時間を、Macの主なモデルで比較したものです。バーが短いほど処理が速いことを示しています。数値的には、MacBook Airの13インチ(11インチと同じ処理性能)は確かにMac Proの2倍以上の時間がかかっています。

 でも時間にすると14.7秒。ゲームアプリ1本のビルドが15秒程度で完了するわけです。そう考えると、MacBook Airでも決してアプリ開発が不可能ではないことがわかります。続いて、下のグラフをご覧下さい。

140829_moro_xcode

 こちらは3Dのゲームエンジン「Unity」を使用して作られたゲームを、iOS用にビルドするのにかかった時間です。こちらはやや処理が重いため、秒単位ではなく分単位の時間がかかっています。その一方で、2Dゲームのビルドに比べると、モデルごとの差がかなり小さいことがわかります。時間的にも、MacBook AirとMac Proで、1分強しか違わないのです。

 もちろん、チームを組んで作るような大作であればこの1分が後々大きな作業効率につながるのでしょう。しかし、個人で開発するレベルであれば、マシンのスペックをそこまで気にする必要はないと言えます。ただし、どのモデルでも言えることですが、メモリー容量やディスク容量は大きいに越したことはないので、購入時に可能な限り増設しておきたいところです。

 なお、処理性能以外にもアプリ開発に影響する大きな要素があります。この続きは「後編」でご説明しましょう。9月5日の18時公開予定ですので、お楽しみに。

140829_moro_xcode_01
140829_moro_xcode

 


 MacPeople 10月号(8月29日発売)の第2特集では、Macでアプリ開発を考えている人のための情報を「アプリ開発はじめの一歩」としてまとめています。そのほか、モバイルゲーム開発の新潮流になること必至の「Unreal Engine 4」を32Pにわたって総力特集。の最新情報、たった3つの方法で収益をアップさせる「アプリのダウンロードを増やす方法」などの盛りだくさんの内容を掲載しています。ぜひお手に取ってみてくだださい。

MacPeople10月号はUnreal Engine 4大特集
MacPeople2014年10月号
Amazonで購入は表紙をクリック

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp