2014年08月27日11時30分

iPhone6登場で古いiOS端末が余ったら?Macのサブディスプレーにしてしまおう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 今か今かと発表が待たれるiPhone 6。新しい端末が毎年登場するのは嬉しい限りですが、その一方で使わなくなってしまう古い端末が出てきますよね。そこで、有効活用する方法を考えてみました。それが、Macのサブディスプレー化してしまおうというもの。

Air Display 2
●Avatron Software
1000円

Air Display 2

App Storeでダウンロード
AppStore アプリをダウンロード

 使い方は簡単でiOS端末にアプリを、MacやPCにドライバをインストールして、同一無線LAN内で起動するだけ。Macなら4台のiOS端末が接続できます。ちなみにWindows PCだと、現在は1台のみ接続可能で、今後多画面に対応するそうです。

Air Display 2
Air Display 2
Air Display 2

 DTMソフトのキーボードだけを表示して、入力サポート用に使う(タッチ操作は可能ですが、和音入力は不可でした)などアイデアは広がりますね。

 本日発売の週刊アスキー9/9号の特集『マルチディスプレー超入門』では、ノートPCの画面拡張といった基本のキから、WindowsやAndroidタブレットのサブディスプレー化にも挑戦しています。ぜひ余ったタブレットで試してみて下さいね。

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらの表紙をクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!